金価格が下落

金価格がどんどん下がってきています。

金の国際取引価格は、11月に入って一段と下落しています。NYの金先物市場では先週末、2月限月で1オンス=1,056ドル20セントで引けており、一時は1,050ドル付近まで下落し、安値を更新しました。

NY金相場1か月間推移チャート
【NY金相場1か月間推移チャート】(金プラチナ相場情報Let's GOLDウェブサイトから引用)

円建ての金の国内価格も、これに合わせるように、下落しています。

国内金価格1か月間推移チャート
【国内金価格1か月間推移チャート】(金プラチナ相場情報Let's GOLDウェブサイトから引用)

金がここまで下落してきた理由としては、ユーロ圏で追加金融緩和が実施されるとの観測がある一方で、アメリカでは利上げが間近となっており、これに伴って米ドルが上昇していることがあります。

金は米ドル建てで取引されますので、米ドル高ということは、相対的に米ドル建ての金価格は下がります。最近ではユーロが米ドルと等価に近づいており、ついに1ユーロ=1.056米ドル付近まで来ました。

このままいくと、ユーロと米ドルが逆転する日が来るかもしれません。

米ドルは最近では主に対ユーロで上昇が著しく、対円での米ドル相場は比較的落ち着いています。そのため、米ドル建ての金価格の下落は、そのまま円建ての金価格の下落につながっています。

一時期は1グラム5,000円を超えていた国内金価格ですが、今や4千円台前半まで来ています。

私は毎月純金積立をしていますが、最近の価格下落により、含み損が出ております。もちろん、金価格が安くなれば、積立で購入する金の量が増えますので、それはそれでよいのですが。

12月にもアメリカでは利上げがなされますが、金価格に与える影響も見極めたいと思います。







↑「株式・投資」カテゴリーのブログ人気ランキング

原油価格が急反発

ここに来て原油価格急反発しています。

先週からの世界的な株価下落に伴い、原油価格も急落していました。WTI(ウェスト・テキサス・インターミディエイト)原油先物価格は、一時38米ドル台/バレルまで下げていましたが、一転、原油価格は2日続けて急騰し、45米ドル台まで回復しました。

直近6か月間のWTI原油価格(日足)
【直近6か月間のWTI原油価格(日足)】(楽天証券ウェブサイトから引用)

原油価格の下落は、日本にとっては、重要なエネルギー資源である原油の調達コストが下がるため、多くの企業にとって恩恵が及ぶのですが、資源国にとっては、大変深刻な問題です。

産油国にとっては、原油の価格が下落することは、輸出による収入が減少することにつながりますので、貿易収支の悪化を招き、また、多くの新興国においては、石油産業が国家事業であるために、国の財政悪化に直結します。

そのため、昨年来の原油価格の下落により、産油国の新興国では、貿易赤字と財政赤字という、双子の赤字が拡大し、それが通貨安を招いて資本の流出につながるという、悪循環に苦しんでいます。

東南アジアであればマレーシアインドネシアといった国が今、上記のような資源価格安による副作用に苦しんでいるわけです。

ただでさえ、今の新興国は、アメリカの利上げ観測により、資本の国外流出が続き、経済減速が顕著となっています。原油を始めとする資源価格安は、まさにダブルパンチにように新興国を苦しめています。

したがって、原油価格が反発することは、こうした新興国にとっては恵みの雨のようなものであり、大歓迎すべきことということになります。

原油価格の反発により恩恵を受ける日本企業もあります。

石油の在庫を多く抱える石油メジャー会社もそうですが、資源開発に投資をしている商社にとっても、原油価格の上昇はポジティブな影響があります。

資源分野への投資割合の大きい三井物産(8031)は、今回の株価急落でかなりの打撃を受けましたが、25日(火)を底にして、以後3営業日で大きく株価は回復しました。

三井物産株チャート(日足)
【三井物産株チャート(日足)】(GMOクリック証券ウェブサイトから引用)

原油価格がこのまま持ち直すかどうかはわかりませんが、今回の反発は、三井物産には大きな支援材料となります。

三井物産の連結PBR0.63倍予想PER11.9倍予想配当利回り4.0%です。

今期の純利益予想は前期比20%減と厳しい予想ですが、バリュエーションとしては、割安感があります。特に、減益予想でも配当は維持される予定ですので、高い配当利回りに着目した買いが入る可能性もあります。

来年以降原油価格が回復するようなら、三井物産株は、面白い投資になるかもしれません。







↑「株式・投資」カテゴリーのブログ人気ランキング

金価格が大幅下落

金価格が大幅に下落しています。

先日、ギリシャの支援問題が合意に達し、ギリシャ国内での法制化手続も無事完了したということで、当面のユーロ離脱危機を脱しました。

そのことを受けて、金の国際価格は大幅に下落しました。金はもともと「有事の金」と言われるように、通貨危機など、特に通貨に対する信用が下がったときには、代用通貨として買われる傾向があります。

ギリシャ危機により下がっていたユーロへの信頼が、危機脱出により(一時的にせよ)高まったため、代わりに金が下がったという構造です。

金価格の下落は、アメリカの利上げとも関係しています。

先日のイエレンFRB議長の発言により、アメリカの利上げが今年中に実施される公算が高まりました。金は利息を生みませんので、金利が高くなると、金は売られ、高金利通貨へとお金は流れます。

こうしたことが重なって、金の大幅下落につながったものとみられます。

金価格チャート(1年間)
【金価格チャート(1年間)】(BullionVaultウェブサイトから引用)

金の国際価格は、2015年1月21日1,300米ドル/トロイオンスにまで上昇していましたが、今朝は1,100米ドルを一時割り込むまでに急落しました。

この下落がどこまで続くのか、一時的なものなのかについては、正直私も予想できません。

ただ、長期的に見て、私は、金価格はこれからもっと上がっていくと思っています。リーマンショック以降、世界的な金融緩和競争で世の中にお金が溢れかえった状況で、お金の価値はどんどん下がり(つまりインフレ)、金の価格は上昇していくだろうと予想しています。

その意味では、今回の金価格急落は、金の買い場なのかもしれません。







↑「株式・投資」カテゴリーのブログ人気ランキング

原油価格が急落

昨日は、原油価格が急落しました。

ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)でのウエスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物市場では、昨日、原油価格が4.40ドル(7.72%)安52.53ドル/バレル(約159リットル)と、3か月ぶりの安値を付けました。

WTIとは、西テキサス地方で産出される、硫黄分が少なくガソリンを多く取り出せる高品質な原油のことですが、NYMEXで先物が取引されているWTIは、欧州産の北海ブレント、中東産のドバイ原油と並んで、世界の3大原油指標と言われています。

NY原油価格チャート(1年)
【NY原油価格チャート(1年)】(日経新聞ウェブサイトから引用)

原油は経済活動になくてはならない資源ですが、その需要は、世界経済の景気に左右されます。つまり、景気が良いときは需要が高まって原油価格も上がり、景気が後退すれば需要が落ちて価格も下がります。もちろん、価格は需要だけでなく、供給サイドの要因でも変動します。昨今のシェールガス革命により、中東のOPECが原油の供給を抑えて価格を釣り上げることが難しくなり、原油価格が暴落したのも供給サイドによる価格下落でした。

今回の原油価格の急落は、中国の景気後退による世界的な需要減が意識されたものと考えられます。中国の景気後退は、しばらく前から言われていたことですが、ここ最近の株価急落により、より現実的なものとして意識されてきたものと考えられます。

巨大市場を抱える中国の景気が後退することは、石油その他の資源価格に大きな影響を及ぼすことになりますが、資源価格が下落することは、資源ビジネスを行う日本の大手商社の株価にも大きな影響が及びそうです。

今日は、日経平均が200円以上上昇しましたが、その中で、三井物産21円(1.27%)安三菱商事18円(0.67%)安住友商事1.5円(0.11%)安と、大手商社は軒並み下げました。中国の景気が回復するまでには、まだしばらく時間がかかりそうですので、しばらくは、商社株は厳しいかもしれません。

また、資源価格の下落により、資源国と言われるオーストラリアニュージーランドといった国の通貨も、安くなってきています。

ニュージーランドドル/円相場チャート(週足)

【ニュージーランドドル/円相場チャート(週足)】(GMOクリック証券Platinumチャートから引用)

上のチャートは、ニュージーランドドル/円の2013年3月頃からのものですが、ここのところ、ニュージーランドドルの下落がきつく、2013年10月以来の円高・ニュージーランドドル安の水準となっています。

ニュージーランドドル安は、資源価格の下落だけでなく、今年6月にニュージーランドが3.50%→3.25%利下げを行ったことも大きな要因ですが、ニュージーランドドルは典型的な資源国通貨と言われており、景気動向による資源価格の変動に左右されやすいという特徴があります。

ニュージーランドドルは高金利通貨としても有名で、外貨預金FXでも人気が高いため、今回の円高・ニュージーランドドル安により、損失を被った個人投資家も多いのではないでしょうか。

日経平均は年内に2万3000円まで上がるなどという強気な見方もある中、中国の景気後退は、アメリカの利上げ以上に大きな負のインパクトがあるかもしれません。今後の動向に要注意です。







↑「株式・投資」カテゴリーのブログ人気ランキング

金価格のゆくえ

の価格が下落しています。

東京金とNY金(月末推移)
【東京とNYの金価格の推移(月末ベース)】(第一商品株式会社ウェブサイトから引用)

金の価格は米ドル建てでの国際取引市場で決まりますが、日本で購入する場合には、米ドルと円の為替相場によって円価格が変動することになります。

上のグラフを見てわかるように、金の国際価格(NY金)は、2011年後半~2012年をピークとして下落基調にあるといえます。ピーク時には1トロイオンス約31.1グラム)あたり1,900ドルを超えていたのですが、最近では1,200ドルを割っています。

一方、円建ての金価格は、アベノミクス以降は円安のため下がっておらず、1グラムあたり4,000円~5,000円近辺で推移しています。その意味では、金の価格が下落しているというのは、あくまで米ドル建ての国際価格の話であり、円建てでは決して下がっているとはいえない状況です。

ところで金の価格は、オイルショックで一時的に暴騰した1980年前後を除けば、長く安い時代が続いていました。日本国内の円建て価格でも、2000年代半ば頃までは、1グラム1,000円台の時代が長く続いていました。

金価格の推移(1976年以降)
【金価格の推移(1976年以降)】(第一商品株式会社ウェブサイトから引用)

このように、長期的に見れば、現在の金価格は決して安くはないのですが、今後の金価格がどのように推移するのかについては、需要と供給のバランスによることになります。

供給の点でいうと、先日、金の生産にピーク観測があるとの記事を目にしました。金の生産2014年の時点で6年連続で増加しており、既に過去最高を更新しているようなのですが、2015年には頭打ちになると予測されています。理由としては、1990年代半ばに発見のピークを迎えた金鉱脈の生産がピークを迎えており、今後は金の生産が減少に向かうと見られているからです。

金の世界生産量
【金の世界生産量の推移】(日経新聞ウェブサイトより引用)

金の生産コストは1トロイオンスあたり1,000~1,200ドル前後と言われており、現在の金価格(1,200ドル前後)では採算がギリギリであるため、新たな金鉱脈開発が進まないという事情もあるようです。

一方で、中国が金の保有を密かに進めていると言われているなど、金の需要は今後も減少するとはみられていないようです。

為替相場は今後も円安が進む可能性があり、円建ての金価格は、今後高くなることはあっても、安くなる可能性はあまりないといえるのではないでしょうか。

現在、日本は株高で、株式投資をしている人はかなりのリターンを手にしていると思いますが、リスク分散の観点から、今のうちから資産の一部を金で投資するというのも悪くないと思います。





アクセスカウンター
プロフィール

KANEMOCHI TOSAN

Author:KANEMOCHI TOSAN
金持ち父さんを目指して日々勉強&実践に励む過程を記録したブログです。2014年9月9日にスタートしました!
目標は、働かずして旅行三昧できる億万長者になること。
株式投資・為替・不動産・保険・法律・税金・読書・旅行など、興味ある様々な分野について考えていること、実践したことを書き綴ります。

金持ち父さんのTwitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク
これまでの全記事の一覧

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
お気に入り書籍
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
ご意見、感想、質問など、なんでも受け付けております!

名前:
メール:
件名:
本文: