証券会社が媒介するクラウドファンディング

近年、「クラウドファンディング」という言葉が一般的に使われるようになってきています。

企業がネットを通じて多数の個人から少額のお金の投資を受けて事業を行うということです。

従来型の投資は、企業が株式社債を発行して行うもので、手続は大変複雑でコストもかかります。

また、金融規制も厳しいので、株式や社債の発行体は金融商品取引業者に募集を委託する必要があります。

最近出てきたクラウドファンディングは、そのような煩雑な手続を取らないシンプルなもので、5万円とか10万円といった小口の投資資金をネットで集めています。

しかし、金融規制があり、投資ということになると様々な手続が必要になるため、投資ではなく、その企業の商品を買って応援するといった性質のものも多くみられます。これは「購入型」と言われるもので、最も規制が少なく、単純にネットで商品やサービスを買うだけのことです。一定額を払い込むと、定期的にその企業の商品やサービスの提供を受けられるといったものがあります。

また、「寄付型」と呼ばれるものは、お金を必要とする企業や団体に少額の寄付をするだけというもので、社会的に有益な活動を支援するという性質のものが多く見られます。

最後に「金融型」「投資型」と言われるものは、まさに投資であり、その多くは元本は保証されない代わりに、その会社の収益が上がればリターンを得られるという、ハイリスク・ハイリターンのタイプです。

投資型の中には、従来型の株式や社債ではなく、「匿名組合」という少数の投資家からお金を集めて運用するタイプのものもあります。これは、株式発行等に比べて手続が簡単で、金融規制が緩やかであるために用いられることがあります。これまでは、大口の機関投資家ぐらいにしか利用されていませんでしたが、最近では、個人向けの「匿名組合」の出資を募るサイトも登場しています。

ただし、中には悪徳業者も多く、投資であるから事業に失敗すればお金を返さなくてもいいのを良いことに、最初から事業をまじめにするつもりもないのに資金を集め、失敗したと言ってそのままドロンする業者も存在することは事実です。

私が最近見つけたクラウドファンディングのサイトに、「スマートエクイティ」というものがあります。

【公式サイト】
スマートエクイティ



これは、AIP証券という証券会社が媒介するクラウドファンディングであり、匿名組合出資型の投資のほか、個人向けの社債も扱っているようです。





既に募集が終了したものでは、スリランカ預金ファンド(3年満期一括型)といった匿名組合出資型のものがあり、これは、個人投資家から匿名組合出資という形で集めたお金を、金利の高いスリランカでの預金で運用するというもので、投資である以上利回りは保証されませんが、目標利回り年5パーセントとなっています。

この投資は、スリランカの銀行預金で運用するものですので、銀行の金利は保証されていると思いますが、例えば銀行が倒産した場合にはお金は返ってきませんし、また、為替変動により元本割れをするリスクもあります。したがって、預金ファンドとはいえ、リスクを取って投資する必要のあるものです。

現在募集しているものとしては、サプリ生活ボンド(債券)というものがあります。こちらは社債タイプの商品ですので確定利回りの商品で、利率年8パーセントとなっています。

第5回社債は昨日から(最低購入額25万円)、第6回社債は今日から(最低購入額5万円)募集が始まっており、現時点ではまだ募集金額には達していないので、申し込むことができるようです。

社債である以上元本割れはないのですが、当然ながら、発行体企業が倒産すれば元本が返ってこないリスクはあります。利率が8%と非常に高いところから見ても、信用度の高い大企業とは違いますので、そこはリスクとリターンを考えて投資する必要がありそうです。

私はとりあえず口座開設だけは完了し、魅力的な商品の募集があれば投資するというスタンスです。いろんな商品が次々登場し、募集金額に達すれば募集終了となるので、継続的にサイトをチェックしていきたいと思います。






北欧生まれのスタイリッシュな掃除機【エルゴラピード】



↑「株式・投資」カテゴリーのブログ人気ランキング

銀行で投資信託を購入

先日、三菱東京UFJ銀行で投資信託を購入しました。

私は三菱東京UFJ銀行の銀行口座をメインの銀行口座として利用していますが、振込み等の手続きには、もっぱらインターネットバンキング「三菱東京UFJダイレクト」を利用し、ATMにはキャッシュを下ろすときくらいしか行きません。

インターネットバンキングを利用する場合、三菱東京UFJ銀行の場合、預金残高等の合計が500万円以上だと、他行宛ての振込手数料月3回まで無料になるため、私は、手数料無料の優遇を受けるために、普通預金の残高が500万円を切らないようにしていました。

しかし、500万円もの資金を、タダみたいな低金利の普通預金(現在年0.020%)に置いておくのは、資金効率が大変悪いと思い、それならば、優遇の基準となる「預金残高等」に含まれる、投資信託に資金を移そうと思い立ちました。三菱東京UFJ銀行では、手数料優遇の基準となる「預金残高等」には、円預金のほか、外貨預金投資信託公共債保険の額も含まれているのです。

三菱東京UFJ銀行では、現在184本の投資信託を販売していますが、私としては、普通預金の代わりに少しでも利回りのよい商品にお金を預けておこうという感覚だったので、「ノーロード(販売手数料無料)」を条件とし、「運用手数料が安い」「低リスク」「バランス重視」という観点から投資信託を探しました。

数ある投資信託の中で私の目についたのは、「eMAXISバランス(8資産均等型)」「eMAXISバランス(波乗り型)」という投資信託でした。

eMAXIS(イーマクシス)は、購入時手数料が無料のインターネットバンキング専用ファンドであり、株式、債券、リートなどの各分野に特化したインデックス投信もあるのですが、その中でも「バランス型」は、「国内株式」「先進国株式」「新興国株式」「国内債券」「先進国債券」「新興国債券」「国内リート」「先進国リート」8分野にバランス良く投資するファンドです。

投資信託「eMAXIS」シリーズ
【投資信託「eMAXIS」シリーズ】(eMAXIS販売用資料から引用)

バランス型の中でも、「8資産均等型」「波乗り型」との違いは、前者が各投資対象資産の指数を均等比率で組み合わせたものであるのに対し、後者は、過去の運用成績が良い資産の投資比率を上げていく「トレンドフォロー戦略」を取って8資産の配分率を変動させていくというものです。

eMAXIS(バランス型)の仕組み
【eMAXIS(バランス型)の仕組み】(eMAXIS販売用資料から引用)

私の考えとしては、現在の世界の株価は、特にアメリカや中国はかなりの高値にあると考えており、株式に特化したファンドに投資するのは今はリスクが高いと思っています。また、債権は、今の相場は空前の債権バブルと考えていますので、債権のファンドに投資する気にもなれません。

そこでバランス型を選択しようと思ったわけですが、これまでの運用成績を見ても、それなりに良好のようです。

eMAXISバランス(8資産均等型)基準価格チャート
【eMAXISバランス(8資産均等型)基準価格チャート】(eMAXISウェブサイトから引用)

eMAXISバランス(波乗り型)基準価格チャート
【eMAXISバランス(波乗り型)基準価格チャート】(eMAXISウェブサイトから引用)

とりあえず、「eMAXISバランス(8資産均等型)」100万円分購入しました。銀行の普通預金の一部を投資信託に移したものですので、普通預金金利よりいいパフォーマンスであれば良しという気持ちで持とうと思います。

以下、eMAXISバランス型の諸費用などの情報です。解約時に資産の0.15%が差し引かれますが、信託報酬は日本の投資信託としてはかなり安いと思います。

「eMAXISバランス」の基本情報(8資産均等型・波乗り型に共通)

 設定・運用三菱UFJ投信
 設定時期2011年10月
 購入時手数料なし
 信託財産留保額:基準価額×0.15%
 信託報酬:純資産総額×0.54%





アクセスカウンター
プロフィール

KANEMOCHI TOSAN

Author:KANEMOCHI TOSAN
金持ち父さんを目指して日々勉強&実践に励む過程を記録したブログです。2014年9月9日にスタートしました!
目標は、働かずして旅行三昧できる億万長者になること。
株式投資・為替・不動産・保険・法律・税金・読書・旅行など、興味ある様々な分野について考えていること、実践したことを書き綴ります。

金持ち父さんのTwitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク
これまでの全記事の一覧

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
お気に入り書籍
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
ご意見、感想、質問など、なんでも受け付けております!

名前:
メール:
件名:
本文: