「パチンコ『30兆円の闇』」


「パチンコ『30兆円の闇』」
(溝口敦・2009年・小学館文庫)

私の大嫌いなパチンコ業界の闇について告発する本です。

私はかねてから、パチンコは違法な賭博だと考えており、日本から撲滅すべきだと思っていますが、この本を読んで、ますますその思いを強くしました。筆者は、パチンコ産業がいかに腐っているかについて、業界関係者への取材をもとに切り込んでいます。

パチンコ産業の市場規模は、2003年(ちょっと古いですが)の時点で、約30兆円だということです。中央競馬の年間売上が3兆円競輪1兆円競艇1兆1000億円宝くじ1兆円ですので、それらのギャンブルの売上を全部足しても、パチンコの市場規模には到底及びません(いずれもこの本が書かれた当時の数字です)。

パチンコは、『風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律』(いわゆる風適法)の規制を受ける風俗営業ですが、その監督は、法令上は公安委員会であり、実際には、その下で管轄の警察署が行います。

この警察が、パチンコ産業と癒着し、その巨額のカネに群がっているというのです。

筆者によれば、パチンコ業界は、かつては暴力団のシノギになっていたが、暴対法が施行されて以降、暴力団に代わって、警察がそこに入って来たということです。

具体的に言うと、パチンコ行政には裁量の幅が極めて広く、営業許可やパチンコ機が基準に適合しているかの判断を通じて、パチンコ業界を生かすことも殺すことも意のままであることから、警察署長や生活安全課の署員に対して、パチンコ業者が何かにつけて金をバラまいているのだそうです。

業者による警察官の接待や異動の際の餞別は当たり前、担当の警察官は、当然のように業者に食事、酒、女、旅行の接待をせびるのだとか。

また、パチンコ機の技術適合性を審査する「財団法人保安電子通信技術協会」は、警察官OBの天下り先ですので、警察は、現役の時も、退職した後もパチンコ業界の甘い汁を吸うことができるわけです。

本書では、いわゆる「裏ロム」についても言及しています。

「裏ロム」は、パチンコ機の当たりの確率を自由に変えることのできるチップで、パチンコ店が閉まった後にこっそり台を開けて本物のロムと入れ替えるのだそうですが、これを組織的に行う犯罪グループがいるだけでなく、店舗自身が使っているケースもあるといいます。

犯罪集団が裏ロムの入ったパチンコ機を使って遊ぶ「打ち子」を使って荒稼ぎすることもあれば、店舗が「打ち子」を使って大当たりさせ、店の収益を少なく見せつつ、打ち子には定額の報酬だけ渡して当たった分の金を店に戻させることで、裏金にしているという実態もあるようです。

こういう実態を見れば、普通に遊んでいるパチンコファンが、いかに一方的に搾取されているかがよくわかります。

著者は、裏ロムを実際に作っている業者、打ち子を使って荒稼ぎし、本国に御殿のような家を建てた中国人グループの頭領などに実際にコンタクトして取材をしています。

本当に、パチンコは、警察の腐敗犯罪グループの跋扈庶民のギャンブル依存など、社会の害悪しか生み出さないのではないかと思います。

朝鮮系のパチンコホールも多く、北朝鮮への不正送金の温床になっているとも言われるパチンコ業界。カジノ合法化の是非を議論する前に、この腐ったパチンコ業界をどうにかすべきだと思います。



高級和牛が貰える!ふるさと納税



↑「株式・投資」カテゴリーのブログ人気ランキング

「仕事は、かけ算。~20倍速で自分を成長させる」


「仕事は、かけ算。~20倍速で自分を成長させる」
(鮒谷周史・2006年かんき出版)

日本で一番読まれているビジネス系のメールマガジンをご存知でしょうか。

「平成進化論」というメルマガで、鮒谷周史氏が10数年にわたって一日を休まずに書き続けているものです。

実を言うと、私も登録しています(が、ほとんど読んでいません)。

鮒谷氏は、サラリーマンから一念発起して起業し、成功を収めた人ですが、今は、成功する考え方などを語る講演セミナーを数多くやっておられます。

メルマガでは、鮒谷氏のセミナーに参加して人生が変わった!などという参加者の声が紹介されていて、いつも胡散臭いと思ってあまり読んでいません。

少人数のゼミのようなこともやっていて、毎月1回、年間12回で88万円という、とてつもない金額を取っています。

すごいビジネスだなあ・・、といつも思っており、自分で参加するつもりは毛頭ないのですが、この人の本を読むだけなら安いものと思って読んでみました。

内容は、成功するマインドを身に着ける、といったもので、日々の気持ちの持ち方や姿勢を説いているものです。それなりに参考になるし、実践できたらためになると思いました。

この手のビジネスノウハウものの本はいくつも読んできましたが、成功する人に共通する点は、人との出会い人脈の構築を積極的に行っているということです。

例えば、ビジネス交流会に出て多くの人と名刺交換をしても、それで終わる人と、その後もらった名刺に書かれたメールアドレスでお礼のメールをし、ランチに誘ってみる人とでは、人脈の広がり方が違います。

セミナーに参加した後に講師と名刺交換し、連絡をしてみるなど、やれば意味がありそうだけど、面倒臭くてなかなかできないことは、実はたくさんあります。

こういう手間を臆せずマメにできる人が、ビジネスで成功できるのだと思います。成功している人は、普通の人には到底できないような超人的なことをしている人ばかりではありません。

そんなことを考え、日々の行動を見直すいいきっかけになりました。



高級和牛が貰える!ふるさと納税



↑「株式・投資」カテゴリーのブログ人気ランキング

「君の人生を変える100の小さな習慣」



「君の人生を変える100の小さな習慣」
(藤野英人・2012年阪急コミュニケーションズ)

ファンドマネージャーとして5000人以上の起業家や経営者と会った経験を持つ著者が、成功をおさめるために役に立つと考える、100の小さな習慣を集めた本です。

「元気な声で『おはようございます』と言ってみよう」
「継続できるスポーツを見つけよう」


といった日常生活での習慣に関することから、

「自分用プレゼンを作っておこう」
「セミナーや講演会で名刺交換した人には、後でお礼状を書こう」


といった人脈作りのコツなど、様々な習慣が挙げられています。

しかし、100の習慣のいずれも、どう頑張ってもできないようなことは書いてありません。ちょっと意識を変えれば誰でもできそうなことであることがポイントです。

また、挙げられている習慣は、人とのコミュニケーションの円滑化、人脈の発展につながるものが多く、事業の成功には、人と人とのつながりが極めて大切であることを改めて感じました。

ちなみに著者は、

「100の習慣すべてをやらなくていい」
「1から順番にやらなくていい」
「三日坊主でも気にしない」


と言っており、書かれたことを全てきっちりやらなければならないと言っていないところが、読む者をプレッシャーから解放してくれます。

全部読んで思ったことは、世の中で成功していると考えられている人は、やろうと思えば誰でもできる、ちょっとしたことを積み重ねてきた人なんだということです。

このちょっとした習慣の積み重ねが大きな成功を呼び込むことができると考えると、自分でも成功をつかむことができるのではないかという勇気が湧いてきます。

気軽に読めて、気持ちが前向きになる本でした。




レゴランド・ディスカバリー・センター東京

レゴブロックがいっぱいの屋内型アトラクション
お得な前売り券発売中!




↑「株式・投資」カテゴリーのブログ人気ランキング

「トランプ自伝―不動産王にビジネスを学ぶ」


「トランプ自伝-不動産王にビジネスを学ぶ」(ドナルド・J. トランプ著・2008年ちくま文庫)

今話題のトランプ時期大統領自らが記した自伝です。

これはなかなか面白かったです。

ドナルド・トランプのことを、今回の大統領選まではよく知らなかった人も多いと思います。私もその一人でした。大統領選挙でのトランプ氏の言動を見ているだけでは見えてこない、トランプ氏のこれまでのビジネスについて書かれています。

有名なニューヨークのトランプタワーができるまでのエピソード、カジノホテルを所有するに至った経緯、アメリカンフットボールのチームのオーナーになった話など、これまでの実際のビジネスにまつわる話が出てきます。

これらの話の中では、ビジネスを進める中でいろんな人と衝突した話や、他人の批判も出てきます。ビジネスのためには人との軋轢をいとわないトランプ氏のキャラクターがよく表れていると思います。

自分が世間から批判された件について、言い訳めいた自己弁護をしている場面も多くみられます。

一方で、ビジネスチャンスを逃さない目、タフさを持ち、交渉上手な一面もよくわかりました。

なるほどと思わされたトランプ氏のエピソードとして、トランプ氏が欲しいと思った不動産を買う交渉をしたときの話があります。交渉相手に対して価格を提示し、相手が断ったのですが、その後しばらく時間をおいてまた価格を提示し、また断られることを何度か繰り返すのですが、トランプ氏は、新たに価格を提示するたびに、価格を下げていったというのです。

普通、不動産が欲しければ、相手の希望する価格との差があれば、買い手はだんだん価格を上げていく方が普通だと思います。しかし、トランプ氏は、逆にどんどん価格を下げていきました。そのことにより、売り手は、交渉が長引くほど不利になると考え、より価格が引き下げられる前に、とトランプ氏の提示した価格に応じたというのです。

もちろんこのような交渉方法は、他に競合する買い手がいれば通用せず、買えずに終わってしまうことでしょう。このケースでは、買い手はほかにもいましたが、結局は資金調達などがうまくいかずに撤退し、なかなか売れなかったという事情がありました。

トランプ氏は、そのような売り手の事情を見透かして交渉に臨んだのだと思います。

相手にまず強烈な一撃を与えておいてひるませ、それから交渉するという手法も、トランプ氏が選挙戦中や当選後に、諸外国に対して強硬な主張を発信していることによく表れています。

トランプ氏は、日本に対しては駐留米軍の経費を全額負担しろと発言し、中国に対しても強硬な発言が目立ちますが、こうした発言は、今後の交渉を有利に進めるためのジャブのようなものと考えれば納得がいきます。

おそらく、実際に大統領になった後は、ある程度の落ち着きどころに着地することを考えているはずです。

トランプ関連本は選挙後にたくさん出版されていますが、それ以前のトランプ氏のビジネス経歴を知るには、一番いい本かもしれません。



たびらいツアー予約



↑「株式・投資」カテゴリーのブログ人気ランキング

「ソフトバンク 新30年ビジョン」



ソフトバンク 新30年ビジョン(2010年・ソフトバンククリエイティブ)

この本は、2010年6月に開催されたソフトバンクグループの株主総会で発表された、「ソフトバンク 新30年ビジョン」のコンセプトと、それが発表されるまでのストーリーを描いたものです。

孫正義社長の「情報革命で人々を幸せにしたい」という理念とこれから30年のビジョン、そして理念を実現するための戦略について説明されています。

新30年ビジョン発表サマリー」は、ソフトバンクグループのホームページに公開されています。

孫社長の先の先の世の中を見る目の鋭さ、目標実現のために労をいとわない貪欲さに感心してしまいます。

実際のところ、30年後には、どんな世の中になっているのでしょうか。今から30年前といえば1986年ですが、その当時から見て、今の世の中のことで想像もできなかったであろうことといえば、やはり情報通信分野における進歩ではないでしょうか。

当時はまだ一般の人が使う携帯電話はなく、ポケベルでさえありませんでした。もちろんインターネットもありませんので、何か知りたい時には、図書館に行って本を探すところから始めなければなりません。

その頃から見れば、インターネットでどんな情報でも一瞬で手に入る、携帯電話やSNSの普及で、どこにいてもいろんな人とつながっていられる世の中は、想像もつかないものだったでしょう。

そう考えると、これから30年後の世の中では、きっと今は想像もできないようなことができるようになっているはずです。

孫社長はまた、ソフトバンクグループの時価総額は30年後に200兆円ぐらいになっていなければならないと言っています。

2010年から30年後ですから2040年です。当時(2010年6月)のソフトバンクの時価総額は2兆6000億円だったそうですが、それから6年経った現在、時価総額は、7兆5000億円になりました。6年で約3倍ですが、これから6年ごとに3倍になっていけば、2040年には600兆円ぐらになる計算です。そう考えると、200兆円は、全くの大ぼらでもないように思えてきます。

投資家に夢を見させるのがうまい孫氏ですが、こういうものを見ると、また期待してしまう自分もいます。

6月22日に、ソフトバンクグループの株主総会に行って来ようと思います。今年はどんな新しい話が出るのか、楽しみです。




ふとんクリーナーはレイコップ



↑「株式・投資」カテゴリーのブログ人気ランキング
アクセスカウンター
プロフィール

KANEMOCHI TOSAN

Author:KANEMOCHI TOSAN
金持ち父さんを目指して日々勉強&実践に励む過程を記録したブログです。2014年9月9日にスタートしました!
目標は、働かずして旅行三昧できる億万長者になること。
株式投資・為替・不動産・保険・法律・税金・読書・旅行など、興味ある様々な分野について考えていること、実践したことを書き綴ります。

金持ち父さんのTwitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク
これまでの全記事の一覧

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
お気に入り書籍
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
ご意見、感想、質問など、なんでも受け付けております!

名前:
メール:
件名:
本文: