2017年の相場展望

新年あけましておめでとうございます。

今年もよい一年になればと思います。

2017年は、トランプ大統領就任により、アメリカを中心に、いろんな動きがあるかもしれません。

今年、私が関心を抱いている事項は、

 ①トランプ大統領によるアメリカの政治・経済政策
 ②欧州各国の反グローバリズムの動き
 ③中国の外貨準備高減少、不動産バブル崩壊のリスク


といったところです。いずれも大きなリスクとなりうることばかりです。

年始早々、株式市場は日経平均が479円79銭高と、不安を一掃するような好調なスタートとなりました。

市場関係者の声も、今年は株高を予想する声が多く、楽観ムードが広がってきているように思います。

しかし、だからこそ、相場急落に備える必要はあると思います。

市場が悲観的になっているときにネガティブな事象が起きても、相場はそれほど下がりません。

市場が楽観的になっているときにネガティブな事象が起きるからこそ、相場は急落します。

今年は、一度はそのような相場急落場面があると思っています。したがって、そのような事態に備え、リスクを取り過ぎず、数少ないチャンスをモノにできるようにしたいと思います。

たびらい旅行・ツアー予約


本物そっくりの世界のスターが大集合! マダム・タッソー東京



↑「株式・投資」カテゴリーのブログ人気ランキング

上昇相場はいつまで続くか

日経平均が、2万円の大台をうかがうまでに上昇してきました。

当初は、まだ就任もしていないトランプ氏の政策に過剰に反応しているのではないか、前のめりになり過ぎではないか、との懐疑的な見方も多かったのですが、次第に、強気の見方が増えてきました。

今の米ドル高・円安についても、アメリカの財政拡大、インフレ期待の状況と日本の量的緩和政策の継続とを考えると、1ドル130円もありえる、といった考え方も出てきています。

日経平均についても、ちょっと前までは1万5千円割れもありうるなどと言っていた評論家が、来年には2万3千円超えもあるなどと言っています。

市場関係者の相場に対する見方を読んでいると、後講釈のようなものが多く、よくもこんなに言うことが変わるな、と思います。

相場格言には、

「強気相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育ち、楽観とともに成熟し幸福のうちに消えて行く」

というものがありますが、2016年は、大統領選挙直前までは「悲観」の相場であり、トランプ氏当選直後は、「懐疑」の中で株価が上昇してきました。

そして今は、「楽観」が支配的になりつつあると言えます。

まだ「幸福」といえるほどの陶酔感はありませんが、格言に言う相場のステージが上がってきているのを感じます。

似たような相場を、ちょうど一年前に経験しました。2015年12月2万円超えを果たした日経平均は、来年(2016年)には2万2千円か、2万3千円か、などと囃されましたが、今年に入るとつるべ落としのように下げ、2月6月1万5千円割れを起こしたのは記憶に新しいところです。

相場のセンチメントは少しの間でガラッと変わるものです。市場関係者が今後どんどん強気な見方をしていくのであれば、そろそろ天井と思っておいた方がよさそうです。

ふとんクリーナーはレイコップ







↑「株式・投資」カテゴリーのブログ人気ランキング

FRBが1年ぶりに利上げを決定

昨夜は、米連邦公開市場委員会(FOMC)において、1年ぶりの利上げが決定されました。利上げの幅は0.25%で、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標は、年0.50~0.75%となりました。

今回の利上げ決定は、市場ではほぼ織り込み済みだったのですが、FOMCメンバー17人の利上げ見通し(中央値)が、17年に3回と、これまでの2回から上方修正されることになったため、市場では利上げ速度が加速したと受け止められ、為替相場では米ドル高が進行しました。

今朝の為替市場では、米ドル円は117円台後半まで上昇しており、これで、トランプ候補が大統領選挙に当選してからの円安幅は、15円程度まで拡大しています。

日米の金融政策の違いは鮮明で、金利差の拡大から円安が進行していますが、この円安はどこまで進むのでしょうか?

一説には来年130円を目指すなどとも言われますが、予想は大抵は外れてしまうものですので、アテにはなりません。

私が一番気にしているのは、トランプ氏が現在の米ドル高を放置するのか、という点です。大統領になる前からツイッターでいろんなつぶやきを繰り返しているトランプ氏ですが、彼がひとたび米ドル高をけん制する発言をすれば、為替市場に大きな影響を及ぼしそうです。

米ドル高は、トランプ氏が重視する国内産業にとって重荷となります。いつトランプ氏が米ドル高に言及するのか、非常に注目しています。

北欧生まれのスタイリッシュな掃除機【エルゴラピード】







↑「株式・投資」カテゴリーのブログ人気ランキング

円安・株高が一段落

米大統領選挙以降の「トランプ・ラリー」も一段落してきたように思います。

日経平均は、大統領選挙直後の安値から、3週間で約2000円上昇しました。また、米ドルは、3週間で10円以上上昇しました。

しかしここにきて、円安の勢いがいったんストップし、一時114円近くまで上昇した米ドルも、112円近辺で推移しています。これを反転とみるか、一時的な調整と見るかは解釈が分かれるところですが、これまでの上昇の勢いを考えると、反落の幅は意外と小さいという印象です。

そう考えると、トランプ・ラリーが終了したとみるのは早計かもしれません。

トランプ大統領が就任するのは来年の1月ですが、それまでは、トランプ氏の過激な発言が実際に政策として実行されるリスクは小さいため、ここしばらくは、大きな波乱なく過ごせるのではないでしょうか。

逆に、トランプ大統領が就任後、米国内の製造業にとって不利益となる米ドル高をけん制するような動きがあると、米ドル高は一気に反転してしまう可能性があります。

就任後を考えるといろいろ大きなリスクがありそうですが、とりあえず今は、波乱のない心地よさが目につく相場という印象です。





たびらいツアー予約



↑「株式・投資」カテゴリーのブログ人気ランキング

グレート・ローテーションの始まりか

トランプ候補が米大統領選に勝利してからというもの、米ドル高・円安が止まりません。

米ドル/円相場チャート(日足)
【米ドル/円相場チャート(日足)】(GMOクリック証券・Platinum Chart Plusより引用)

トランプ大統領による財政出動、政府債務の増加を見越して、アメリカでの債権売り・金利上昇が進んでおり、日米の金利差が拡大していることが大きな要因です。

このことは、債権のような安全資産から株式のようなリスク資産への資金の大移動、いわゆる「グレート・ローテーション」が起きているのではないかとも言われています。

つまり、これは選挙結果を受けた一時的な動きではなく、これまでの超低金利時代の終焉、本格的なインフレ時代の到来を迎えているのではないかということです。

実際、アメリカの長期金利は、かなりの勢いで上昇しています。今日も米10年国債の利回りは、一時は2.41%と2015年7月以来の高水準を付けています。

日本の長期金利もつられて上昇しているものの、上昇のスピードは緩やかなため、日米の金利差は広がるばかりです。このことが、米ドル高・円安に拍車をかけています。

思えばリーマンショック以降、世界の中央銀行は、金融緩和政策によって景気を支えようとするあまり、金利の引き下げ、国債の買入れなど、やれることは何でもやってきました。

このことで、「債権バブル」ともいえる異常な状態が数年続いていましたので、バブルが弾けるのは、時間の問題だったのかもしれません。

トランプ勝利がその引き金になることは、あまり予想されていなかったと思いますが、この流れは、ここ数年来のものとは明らかに違うと感じます。

今の状況がこれからの新しい秩序の始まりに過ぎないのか、それとも一時的な熱狂に過ぎずすぐに戻ってしまうのか、注意深く見ていきたいと思います。





本物そっくりの世界のスターが大集合! マダム・タッソー東京



↑「株式・投資」カテゴリーのブログ人気ランキング
アクセスカウンター
プロフィール

KANEMOCHI TOSAN

Author:KANEMOCHI TOSAN
金持ち父さんを目指して日々勉強&実践に励む過程を記録したブログです。2014年9月9日にスタートしました!
目標は、働かずして旅行三昧できる億万長者になること。
株式投資・為替・不動産・保険・法律・税金・読書・旅行など、興味ある様々な分野について考えていること、実践したことを書き綴ります。

金持ち父さんのTwitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク
これまでの全記事の一覧

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
お気に入り書籍
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
ご意見、感想、質問など、なんでも受け付けております!

名前:
メール:
件名:
本文: