日米中央銀行の金融政策

昨日27日、米連邦準備理事会(FRB)は、米連邦公開市場委員会(FOMC)において、金融政策の現状維持を決めました。

そして今日28日、日銀は、金融政策決定会合において、金融政策を現状維持とすることを発表しました。

アメリカで金融政策が現状維持され、利上げがなされなかったことは、通常であれば円高要因になるのですが、今回は、円安となりました。「噂で買って事実で売る」という格言のようになった形です。

一方、日銀の金融政策に関しては、先週あたりから急速に追加緩和期待による円安が進行していたこともあり、現状維持が発表されると強烈に円高に振れました。

発表前に1米ドル111円60銭台だった米ドルは、発表後、一気に108円台後半まで下落し、その後一時的に持ち直したものの、午後6時現在で、108円前後を推移しています。

米ドル円相場チャート(1時間足)
【米ドル円相場チャート(1時間足)】(GMOクリック証券Platinum Chart Plusより引用)


日経平均も大荒れでした。前場は前日終値比200円を超える上昇を見せていたのが、昼休み中の日銀の発表を受けて、後場は一転、600円を超える下落に見舞われました。

大引け後の日経先物も続落しており、一時、日経終値を400円下回る16,260円まで下げています。

明日からゴールデンウィークに入るということで、リスク回避のための売りもあったと思いますが、5月の相場は、円高・株安で始まる可能性が高そうです。

ここまで追加緩和期待が高かったとは意外ですが、金融政策発表を機に、相場の流れが一変してしまいました。








↑「株式・投資」カテゴリーのブログ人気ランキング

日経平均は上向き

今日の日経平均は、前日終値比457円08銭(2.70%)高17,363円62銭と、大幅な上昇となりました。

4月初めに15,500円を割り込んだ日経平均ですが、ここに来て上向きとなっています。

日経平均チャート(日足)
【日経平均チャート(日足)】(株探ウェブサイトから引用)

その原因としては、やはり原油価格の反発が大きいと思いますが、米国株式市場が好調であることも支えとなっています。

アメリカ・ニューヨークのダウ平均は、このところ絶好調です。1月には15,450ドルと、日経平均の円建て数値を下回るまでに売り込まれていましたが、今や、2015年5月の高値である18,351.36ドルに迫る勢いとなっています。

ダウ平均チャート(日足)
【ダウ平均チャート(日足)】(株探ウェブサイトから引用)

アメリカ株がこのように好調なため、相対的に日本株が「割安」に見えることになります。

一時は1ドル=108円を割り込んだ米ドル円相場も110円近くまで戻してきており、急激な円高も一段落したとの安心感を誘っていると思います。

もっとも、ここから2万円台まで戻すには、まだまだハードルは高そうです。2月1日の高値17,905円37銭を超えていけば、上昇に弾みがつくかもしれませんが、今後の動きは注視していきたいと思います。



↑「株式・投資」カテゴリーのブログ人気ランキング

米ドルが一時110円割れ

為替が再び円高になっています。

昨日の深夜、米ドルは一時110円を割り込むまでに下落しました。2014年10月末以来の円高水準です。

米ドル/円相場チャート(日足)
【米ドル/円相場チャート(日足)】(GMOクリック証券Platinum Chart Plusより引用)

今年の米ドル円相場は、1月末のマイナス金利導入時に一時的に円安になりましたが、その効果は一瞬ですぐに円高に転じ、以降、2月半ばまでは急激に円高が進みました。

その後は小康状態が続いていましたが、新年度に入って、再び一段の円高が進んでいます。

このままでは、アベノミクスによる円安・株高の効果が全てなくなってしまうのではないかと思えるほどです。

希望があるとすれば、4月27日、28日に行われる金融政策決定会合で、日銀がマイナス金利の幅を拡大するという追加緩和を行うことでしょうか。

しかし、金融緩和によって株価を上げるということ自体に、もう限界が来ていることは明らかです。

夏の参院選に向け、大型の景気対策をするなどしなければ、株価の上昇は期待できないと思います。

それは中国経済も同じです。中国も利下げや人民元安誘導などを行っていますが、景気対策がなければ、株価の本格上昇はないと思います。







↑「株式・投資」カテゴリーのブログ人気ランキング

日経平均1万6千円割れ

今日の日経平均は6日続落し、終値は前日比390円45銭(2.42%)安15,732円82銭と、1万6000円の大台をあっさりと割ってしまいました。

新年度相場に入ってからの日本株の低迷は、際立っています。

これに対し、アメリカのダウ平均を見ると、日経平均とは対照的に、今年に入ってからは、一本調子に上がっています。

日経平均チャート(日足)
【日経平均チャート(日足)】(株探ウェブサイトから引用)

ダウ平均チャート(日足)
【ダウ平均チャート(日足)】(株探ウェブサイトから引用)

いったいこの違いはどこから来るのでしょうか?

これは、これまでの米ドル高・円安が逆回転していることが大きいと思います。

米ドル高は、アメリカの輸出産業にとって重荷であったところ、最近になって円高・米ドル安傾向が出てきましたので、アメリカ経済にとって追い風になっていると思われます。

一方日本経済にとっては、円高の進行が日本企業の利益構造に響いてきています。

アメリカが利上げペースに対してかなり慎重になってきていることから、当面は円高圧力が強くなっています。回復傾向のあった資源価格が再び下落してきていることも、新興国通貨を売って円を買う動きに拍車をかけているようです。

まだしばらくは、試練の時が続きそうです。








↑「株式・投資」カテゴリーのブログ人気ランキング
アクセスカウンター
プロフィール

KANEMOCHI TOSAN

Author:KANEMOCHI TOSAN
金持ち父さんを目指して日々勉強&実践に励む過程を記録したブログです。2014年9月9日にスタートしました!
目標は、働かずして旅行三昧できる億万長者になること。
株式投資・為替・不動産・保険・法律・税金・読書・旅行など、興味ある様々な分野について考えていること、実践したことを書き綴ります。

金持ち父さんのTwitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク
これまでの全記事の一覧

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
お気に入り書籍
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
ご意見、感想、質問など、なんでも受け付けております!

名前:
メール:
件名:
本文: