円安・株高は続くか

今日の日経平均は、前日比166円96銭(0.98%)高17,234円98銭と、約1か月ぶりの高値を付けました。

これで5日続伸となりましたが、5日続伸は、今年になって初めてのことです。

日経平均チャート(日足)
【日経平均チャート(日足)】(株探ウェブサイトから引用)

米ドル円相場も一時期の円高が和らいでおり、1ドル=111円前後となっています。

さて、この傾向はいつまで続くのでしょうか。今日の上げは月末要因とも言われていますが、6月が正念場です。

6月には、14(火)~15(水)にアメリカで連邦公開市場委員会(FOMC)が、15(水)~16(木)に日本で日銀の金融政策決定会合が開催されます。

この日米の金融当局による政策決定は、極めて重要です。FOMCは、6月にも再び利上げに切り込む可能性があり、日銀も、追加緩和を行う可能性があります。

日米の金融当局による政策決定の行方次第では、一気に円高、円安いずれにも振れる可能性があり、株式市場にも重大な影響があります。

しばらくは政策待ちということで、6月上旬は、相場に大きな動きはないかもしれません。

私の予想は、アメリカは利上げ、日本は現状維持というところです。

アメリカは既に利上げに舵を切っており、本来であれば年に4回程度は利上げをするつもりだったと思いますが、世界の経済動向に鑑みて、年2回程度に修正した可能性があります。もし年2回程度になるとしても、前に利上げをしたのが昨年12月ですので、いい加減2回目の利上げをしてもよさそうな頃合いです。

一方、日本では、マイナス金利への批判も強く、マイナス金利導入時に相場がプラスに働かなかったというトラウマもありますので、残り少ないカードを切ってまで追加緩和をする動機はあまりありません。

もし日銀の金融政策決定会合の直前にアメリカが利上げを決めれば、それに乗っかるだけで円安方向に為替が動きますので、あえて追加緩和のカードは切らないでしょう。

そうすると、ポイントはアメリカの金融政策ということになります。これから半月、世界の経済動向をにらみつつ、日米の金融政策に注目したいと思います。





「お名前.com プレミアムドメイン」ビジネスの成功は価値あるドメインから



↑「株式・投資」カテゴリーのブログ人気ランキング

個人型確定拠出年金

改正確定拠出年金法が24日に成立し、来年1月から個人型確定拠出年金の加入対象者が大幅に拡大されることになりました。

「個人型確定拠出年金」とは、個人である加入者が月々の掛金を拠出し、予め用意された金融商品で運用し、原則として60歳以降に年金または一時金で受け取る制度です。

個人型確定拠出年金の加入資格があるのは、これまでは、

①日本国内に居住している20歳以上60歳未満の自営業者とその家族、自由業、学生など(国民年金の第1号被保険者
②企業年金等に加入していない60歳未満の厚生年金保険の被保険者(国民年金の第2号被保険者


に限られていました。

掛金の上限は、

①国民年金の第1号被保険者:月額68,000円
 (※国民年金基金に加入している場合、または国民年金の付加保険料を納付している場合は、それぞれの掛金または保険料と合わせて68,000円が限度額)
②国民年金の第2号被保険者:月額23,000円

となっており、5,000円以上1,000円単位で任意に設定することができます。

給付の仕方は、以下の3種類があります。

老齢給付金(原則60歳から、5年~20年の有期年金として受給)
障害給付金(60歳になる前に、傷病によって一定以上の障害状態になった加入者が受給)
死亡一時金(加入者が死亡したときに、遺族が一時金として受給)


この制度の最大のメリットは、掛金全額が所得控除の対象となることです。例えば所得税率50%が適用される高額所得者であれば、掛金の半額に相当する税金が節税になるという大きなメリットを受けられます。

また、その運用益についても全て非課税となります。これはNISAも同様ですが、NISAのように5年間に限定されるものではなく、また、金額もNISAのように年間120万円に限定されることなく、拠出した資金全額(最大で年間81万6000円)についての運用益が非課税になる点で、より大きなメリットがあるといえます。

一方、NISAと異なり、運用された資金を受給する時には所得税が課せられますが、年金として受け取る場合には雑所得(公的年金等)となり公的年金等控除が適用され、一時金として受け取る場合には、退職所得控除が適用されます。

毎月の拠出金が全額所得控除になるという点を考えると、働き盛りの時期に受けられる節税メリットは、引退後の受給時に課せられる所得税負担を大きく上回ると考えられますので、NISAで投資をするよりも、メリットは大きいのではないでしょうか。

来年1月以降は、主婦公務員が加入資格者が加わります。また、すでに企業年金に入っている会社員も、企業年金と併用して使えるようになりますので、新たな確定拠出年金資金が、金融商品を通じて市場に流入することが予想されます。

運用対象としては、銀行や証券会社各社がラインナップを取り揃えていますが、気にしたいのは手数料です。

手数料には、個人型確定拠出年金を利用するために毎年かかる口座維持手数料年間数千円程度かかり、これに加えて、選択する投資信託等により、信託報酬がかかります。

長期間運用するものですので、手数料の差は長期間で大きな金額になります。よく考えて金融機関と商品を選びたいものです。





レゴランド・ディスカバリー・センター東京

レゴブロックがいっぱいの屋内型アトラクション
お得な前売り券発売中!




↑「株式・投資」カテゴリーのブログ人気ランキング

広島カープが首位に!

広島カープが絶好調です。

5月24日~26日に行われた巨人との首位攻防戦では、

24日 6-0 勝:ジョンソン HR:エルドレッド13号・14号、丸9号
25日 9-3 勝:野村 HR:田中3号、鈴木5号
26日 3-2 勝:九里 S:中﨑 HR:菊池5号、鈴木6号


と巨人を3タテし、3人の先発投手がそれぞれ勝利しました。

その結果、カープの貯金は最大の7となり、なんと、セリーグの貯金を独占することになりました!

セ・リーグ順位表(5月26日)
【セ・リーグ順位表(5月26日)】(スポーツナビウェブサイトから引用)

まだまだこの時期ですので気が早いのですが、今年は優勝できるのではないかと期待は高まる一方です。

思えばエースの前田健太がメジャーに移籍し、今年は戦力ダウンが予想されていましたが、フタを開けてみれば、去年の不振が嘘のように打撃陣が活躍しています。

チーム打率ホームラン数総得点は全て12球団トップです。

ただし先発投手陣は、現在のところ、開幕当初のローテーションに入っていた福井優也とルーキー横山弘樹が不振のため2人も二軍落ちしており、信頼できる先発投手が足りているとは言えない状況です。

それでも、

ジョンソン 6勝3敗 防御率 1.79
黒田博樹 4勝1敗 防御率 2.76
野村祐輔 5勝2敗 防御率 2.86


の先発3枚は安定しています(野村が安定しているといえるかは微妙ですが..)。

この3枚に加えて、現在のローテーションに入っている、

岡田明丈 0勝1敗 防御率 4.26
九里亜蓮 1勝1敗 防御率 3.90
中村恭平 0勝0敗 防御率 6.30


の3枚がしっかりしてくれることを期待します。昨日の九里は、非常に良かったので、このままローテーションに残ってくれるとうれしいです。岡田もここ2試合はしっかり試合を作ってくれていると思います。

あとは、セットアッパー、抑えの

ヘーゲンズ 2勝0敗 防御率 2.29
ジャクソン 0勝3敗 防御率 1.82
中﨑翔太 0勝2敗10S 防御率 2.05


の3人がしっかり抑えてくれれば、優勝が見えてきます。中﨑は防御率の割りには危なっかしい場面が多いので、もう少しビシッとしてもらいたいところです。

ここに、ケガで出遅れていた大瀬良大地が、6月末頃に戻って来る予定です。打線は好調なだけに、投手陣がより整備されれば、これからも大きく崩れることはないと思います。

12球団で一番優勝から遠ざかっているカープに、今年はぜひ優勝してもらいたいです。






↑「株式・投資」カテゴリーのブログ人気ランキング

「社長になる人の条件」



「社長になる人の条件」(2014年・日本実業出版社)

最近読んだ本です。面白かったです。

タイトルは、「社長になる人の条件」ですが、社長に限らず、人を使うリーダーの立場にある人の心得がよくわかる本です。

なるほどな、と思う点がいくつかありました。

まず、リーダーには、「妄想する力」「巻き込み力」が必要とあります。これは、自分の事業で世の中をどう変えたいか、ということについて、とてつもない妄想を持ち、それがどんなに壮大な妄想であろうと、恥ずかしがることなく周囲に熱く語ることができることが大事だということです。

リーダーたる者、頭の中で考えているだけでは、周囲の人をその気にさせて巻き込むことはできないということですね。

また、「即断する力」も必要です。ですが、ただ早く決めればいいというのではなく、いかに日頃から考えに考え尽くしていたかということが大事だというのです。つまり、行き当たりばったりで即断するのではなく、普段から、次に何が課題になるか、この先どんな決断が必要になるかを想定し、その想定に対して解答案を用意しておくことが大事なのです。これはなるほどと思いました。

また、部下を褒めたり叱るときには、その人の性質、性格について評価するのではなく、その人の行動にフォーカスして評価することが大事だということです。「気が利くね」と言うのではなく「早速対応してくれてありがとう」と褒め、「もっと協調性を持った方がよい」と言うのではなく具体的なその人の行動を叱る、といった感じです。

どれもこれも、自分が人を使う立場になったときに役に立つことばかりだと思いました。同時に、自分の行動を顧みて、反省する部分も多々あります。

読んで感銘を受けたことは、実践に移さなければ意味がありません。私もこの本を参考に、自分の考え、行動を改めてみようと思います。



「ディズニーの英語システム」無料サンプルプレゼント!



↑「株式・投資」カテゴリーのブログ人気ランキング

アメリカは6月に利上げするか

ここのところ、日本の株価は膠着状態が続いています。

日経平均も、2月半ばまでの急落以降、大きく戻すこともなく、かといってさらに下げるでもなく、方向感のない展開が続いています。

日経平均チャート(日足)
【日経平均チャート(日足)】(株探ウェブサイトから引用)

商いも薄くなってきているようで、今日の東証1部の売買代金は概算で1兆7092億円と、今年最低を更新したようです。

私自身も、このところほとんど取引をしておらず、株式売買への興味が薄くなってきているかもしれません。

こうした状況が変わるきっかけになりそうなのが、アメリカの利上げです。米連邦準備理事会(FRB)が4月26~27日に開いた連邦公開市場委員会(FOMC)で、大半の参加者が、経済・物価情勢の改善が続くのであれば「(次回)6月会合での政策金利の引き上げが適切となる」と判断していたことが、議事要旨の公表で明らかになりました。

6月に利上げがなされるとすると、年初来大きく進んだ円高の傾向が一段落することも期待され、さらには、日銀がこれまで口先だけだった追加緩和を実施することにでもなれば、株式相場も大きく動く可能性があります。

政府による財政出動もなかなか実施されない現状では、日米の中央銀行による金融政策ぐらいしか起爆剤がないのが実情ですが、6月になれば、相場が大きく動くかもしれません。







↑「株式・投資」カテゴリーのブログ人気ランキング

オンライン英会話「hanaso」の無料体験

以前やっていて、最近再開したいと思っていたオンライン英会話無料体験レッスンを提供しているところも多いので、その中から選んで、とりあえずやってみました。

オンライン英会話hanaso
英会話無料体験実施中





「hanaso」の料金体系と特徴は、概ね以下のとおりです。

レッスン 1回25分、午前6:00から深夜0:30までの30分刻みをレッスンスタート時間とする


料金体系(税込)
 ①月8回プラン  4,320円
 ②月12回プラン 6,156円
 ③月16回プラン 7,776円
 ④1日1回プラン 6,264円
 ⑤1日2回プラン 10,368円
 ⑥週2日・1回プラン 4,104円
 ⑦週2日・2回プラン 6,264円

料金は、比較的安い方だと思います。自分の場合は、おそらく1日1回プランになるかなと思います。

「hanaso」を実際にやってみて感じた特徴は、レッスンの種類がいくつか用意されているということです。

「hanaso」のレッスン内容とレベルの対応表
【「hanaso」のレッスン内容とレベルの対応表】(hanasoウェブサイトから引用)

各レッスンとそのレベルの対応は上記のとおりですが、「SidebySide」「one:one」という教材を使ったレッスンを選択する場合、教材は市販のものを購入する必要があるようです。



私の場合は、ビジネス英語を上達させたいと思っているので、テキスト代がそれなりにかかりますね。

今回は、無料体験後も続けるかどうかわからないため、市販テキストを使うレッスンはせず、まずはフリートークのレッスンにしました。最近行われた大統領選挙について話しました。

他の英会話サイトも無料体験してから決めたいと思います。






↑「株式・投資」カテゴリーのブログ人気ランキング

方向感のない展開

日経平均は、上昇と下降を繰り返しており、方向感が定まりません。

今日の日経平均は、前日比67円33銭(0.41%)高16,646円34銭で終え、4日続伸となりました。

最近の日経平均の動きを見ていると、何日か連騰した後何日か続落する、という動きをしており、ボックス圏に入ったような印象を受けます。

日経平均株価30営業日時系列
【日経平均株価30営業日時系列】(株探ウェブサイトから引用)

今回の4連騰の前は6日続落、その前は4連騰でした。

こうした動きを見ると、もうそろそろボックス圏の上限に近づいたのかな、と思います。

日銀は動かず、財政出動の声も聞こえません。本格的に株価が上昇する材料がない中、割安感もあるため、ここから大きく下げることもない、といったところでしょうか。

ただ、ボックス圏相場もいつまでもは続きません。何かをきっかけとしてどちらかに動き出すことになると思いますが、それがいつなのか、そして上下どちらに動くのか、まだ先が見えません。







↑「株式・投資」カテゴリーのブログ人気ランキング

トヨタ自動車の決算発表

今日の大引け後、トヨタ自動車(7203)の2016年3月期決算発表がありました。

2016年3月期(前期)の決算内容は、営業利益が前期比3.8%増2兆8500億円純利益は前期比6.4%増2兆3000億円でした。

もっとも、より注目された今期2017年3月期決算予想については、営業利益が前期比40.4%減1兆7000億円純利益は前期比35.1%減1兆5000億円と、大幅な減益になる見通しを示しました。

2016年3月期の期末配当についても、前期の125円から110円に減額となりました(ただし年間では前期200円に対し210円)。

今期の配当予想については、示されませんでした。

営業利益40%減のインパクトはかなり大きく、市場予想を大きく超えるサプライズ減益予想となりました。

もっとも、今期減益となる営業利益1兆1500億円分のうち、為替変動による押し下げ分が1兆円近くあります。会社の想定する今期の為替レートは、1米ドル=105円と、前期実績の120円から大幅に円高方向に修正されます。

もちろんそれを考慮してもなお減益となっていることから、明日のトヨタ自動車株は、下落して始まることは避けられそうにありません。

なお、決算発表と同時に、最大5000億円の自社株買い(発行済株式総数(自己株式を除く)に対する割合:3.24%) が発表されましたが、これがどこまで決算のマイナス要素を打ち消せるか、というところです。








↑「株式・投資」カテゴリーのブログ人気ランキング

緊迫する為替市場

この連休中に、やはり為替相場が大きく動きました。

米ドル円相場チャート(日足)
【米ドル円相場チャート(日足)】(GMOクリック証券Platinum Chart Plusより引用)

4月29日に日銀の金融政策決定会合で追加緩和がなかったことで、これまで追加緩和期待で売られていた円が一気に買い戻され、米ドル円は1ドル111円台から108円台にまで急落しました。

連休に入り、日本国内の投資家が休みに入ったところで、一部の機関投資家が、商いの薄い期間を狙って一気に相場を動かすということは、これまでにも散見されました。

今回の連休もまさにそのような動きが見られ、5月3日には、米ドルは一時105円台に突入しました。

この円高は、いったいどこまで続くのでしょうか?

まさかの100円割れもあるのでしょうか?

アベノミクスが始まる前には、1ドル80円を割るような円高水準があったことを考えれば、100円割れは、決してありえない水準ではありません。

この円高は、アベノミクス以降上昇してきた株価にも大きな影響を与えます。しばらくは、米ドル円相場の動向から目が離せなくなりました。







↑「株式・投資」カテゴリーのブログ人気ランキング
アクセスカウンター
プロフィール

KANEMOCHI TOSAN

Author:KANEMOCHI TOSAN
金持ち父さんを目指して日々勉強&実践に励む過程を記録したブログです。2014年9月9日にスタートしました!
目標は、働かずして旅行三昧できる億万長者になること。
株式投資・為替・不動産・保険・法律・税金・読書・旅行など、興味ある様々な分野について考えていること、実践したことを書き綴ります。

金持ち父さんのTwitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク
これまでの全記事の一覧

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
お気に入り書籍
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
ご意見、感想、質問など、なんでも受け付けております!

名前:
メール:
件名:
本文: