任天堂株のその後

先日取り上げた任天堂(7974)の株価ですが、見事に尻すぼみになってしまいました。

任天堂株チャート(日足)
【任天堂株チャート(日足)】(GMOクリック証券ウェブサイトから引用)

一時は32,700円まで上昇した任天堂株ですが、今日の終値は21,080円と、あの騒ぎはいったい何だったのかと思うほどの下がりようです。

個人投資家の中には、ガンホーの驚異的な株価高騰の再来を期待した人も多かったのかもしれません。しかし、ガンホーのような新興の小規模の会社と異なり、任天堂のような大企業の場合、一つのソフトのヒットで会社の業績が何倍にもなるわけではないので、ポケモンGOのヒットは過大評価されていたということなのでしょう。

私もこの株価狂乱に乗じて、27,000円100株27,500円100株31,500円200株の空売りを入れましたが、ここまで下がるより前に処分してしまい、結局利益は全部で約20万円と、今の下がり様から見ればかなり情けないことになってしまいました。空売りをしているときは、踏み上げられるのではないかと思ってしまい、長く持っていられないのです。

株式投資はやはり地道にやるのが一番と、改めて感じます。






ふとんクリーナーはレイコップ



↑「株式・投資」カテゴリーのブログ人気ランキング

任天堂株が大商い

任天堂(7974)の株価が大きく上昇し、大商いとなっています。

任天堂の今日の売買高は一日で4760億円と、個別銘柄としては、過去最高になったようです。東証一部全体の売買代金の約15%を占めました。

株価は、わずか7営業日93%も上昇してしまいました。

任天堂株チャート(日足)
【任天堂株チャート(日足)】(GMOクリック証券ウェブサイトから引用)

株価が急騰した要因は、「ポケモンGO」というスマホ用のゲームが発売されたことにあるようです。

このゲームは、日本ではまだ発売されていないようなのですが、アメリカでは爆発的な人気を博しているようで、スマホ画面を見ながら町を彷徨う人が続出して、事故の原因になるとして一部で問題にもなっているようです。

どのようなゲームなのかは私にはよくわかりませんが、それにしてもこの株価急騰は、ものすごい勢いです。

果たして、ここまで株価が暴騰するほどのものなのでしょうか?過熱しているような気もします。

しばらくはマネーゲームの対象になりそうですが、いずれは株価も落ち着いてくるのではないかと思います。

「パズドラ」で過熱したガンホーを思い出します。





北欧生まれのスタイリッシュな掃除機【エルゴラピード】



↑「株式・投資」カテゴリーのブログ人気ランキング

日本株が急反発

イギリスのEU離脱が決まった国民投票の後、一時は1万5000円を割り込んだ日経平均ですが、今週に入り、急反発を見せています。

その原因としては、

①先週末にアメリカで発表された雇用統計が市場予想を大きく上回ったこと
②日曜日の参院選挙で与党・自民党が勝利し、安定政権が継続することが決まったこと
③政府が10兆円超の経済対策を打ち出したこと


などがあると思います。

為替相場も、先週末は一時1ドル100円を割るほどの円高だったのですが、現在、104円台まで米ドルが上昇しています。

日経平均は、わずか3日で、先週末比で1,000円以上も上昇してしまいました。

日経平均チャート(日足)
【日経平均チャート(日足)】(株探ウェブサイトから引用)

しかし、このまま株価がどんどん回復すると考えるのは、甘いと思います。

イギリスのEU離脱決定が世界に与える影響は、今後も断続的に出てくると思われます。

日本の金融緩和の効果にも限界が見えており、アメリカの利上げが遠のいたことにより、為替相場が円安に向かいずらい状況は続いています。

いったんは利食い、又は損切りしておくのがいいかもしれません。






本物そっくりの世界のスターが大集合! マダム・タッソー東京



↑「株式・投資」カテゴリーのブログ人気ランキング

金利はどこまで下がるか

日本の長期金利の低下が止まりません。

今日も10年国債の利回りは、過去最低を更新し、一時マイナス0.300%を付けました。

新発10年国債利回り(直近20営業日)
【新発10年国債利回り(直近20営業日)】(日本相互証券ウェブサイトから引用)

イギリスのEU離脱が決まって以降、世界のリスクオフの傾向がさらに強まり、円に資金が向かっています。日本国債にも資金が流入しており、国債利回りの低下に歯止めがかからない状況になっているようです。

住宅金融支援機構の長期固定金利型住宅ローン「フラット35」の最低金利も、7月は返済期間15~20年0.850%21年~35年0.930%と、史上最低値を更新しています。

日本がこれだけ低金利であれば、アメリカとの金利差から円安になるのかと言えば、今は全くそのような状況ではありません。アメリカの10年国債も、今や1パーセント台前半に下がり、史上最低を更新しています。

日米の金利差はむしろ縮小しており、今後の円高要因にさえなっています。

アメリカの利上げはさらに遠のき、利下げ観測さえ出始めています。このような世界的な金利低下傾向は、いつまで続くのでしょうか。





レゴランド・ディスカバリー・センター東京

レゴブロックがいっぱいの屋内型アトラクション
お得な前売り券発売中!




↑「株式・投資」カテゴリーのブログ人気ランキング
アクセスカウンター
プロフィール

KANEMOCHI TOSAN

Author:KANEMOCHI TOSAN
金持ち父さんを目指して日々勉強&実践に励む過程を記録したブログです。2014年9月9日にスタートしました!
目標は、働かずして旅行三昧できる億万長者になること。
株式投資・為替・不動産・保険・法律・税金・読書・旅行など、興味ある様々な分野について考えていること、実践したことを書き綴ります。

金持ち父さんのTwitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク
これまでの全記事の一覧

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
お気に入り書籍
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
ご意見、感想、質問など、なんでも受け付けております!

名前:
メール:
件名:
本文: