広島カープ、25年ぶりの優勝!


本日発売
「25年ぶり歓喜‼カープ優勝 (サンケイスポーツ特別版) 」


広島カープが、ついに25年ぶりセ・リーグ優勝を果たしました!

マジック1で迎えた9月10日(土)の巨人戦(東京ドーム)。残念ながら地元での胴上げはなりませんでしたが、土曜日のナイター、しかもNHKで生中継と、結果的には歓喜の瞬間を見るには最高の環境となりました。

試合の内容も、今年のベストゲームの一つと言ってもよいものでした。先制された後の鈴木誠也の同点弾と松山竜平の勝ち越し弾。そして鈴木誠也の2打席連続ホームランで追加点と、理想的な試合運びでした。

9回のマウンドには、今やリーグを代表するストッパーとなった中﨑翔太。最後を締めて、感動の胴上げとなりました。

黒田博樹が、新井貴浩が泣きました。これまでの苦しかった日々が思い出されたのでしょう。感動的でした。

去年はCSまであと一息というところで悔しい負けを経験しました。今年の選手達の頑張りは、ファンの予想を超えるもので、投手は粘り、打線はつながりました。

MVPは誰か、という点も話題になっていますが、やはり新井貴浩が一番手でしょう。打点王を狙う成績もさることながら、チームの柱として、一年間周りを鼓舞し続けました。

数字の点では、鈴木誠也も遜色ありません。むしろ打率やホームランでは新井を凌ぐ大活躍を見せました。現在、打撃三部門全てでベスト5に入るのが、ヤクルトの山田哲人、DeNAの筒香嘉智と広島の鈴木誠也です。来年以降、この3人がリーグを代表する打者となり、切磋琢磨していくことでしょう。

打者では、菊池涼介も陰のMVPです。現在打率で3位、安打数で1位の打撃はもちろんですが、歴代の内野手の中でも最高レベルと言われる守備で、何度もチームを救いました。

投手では、クリス・ジョンソンがMVPの一番手です。勝ち星では野村祐輔と並んでいますが、野村より長いイニングを投げ、投手陣を引っ張り続けました。

他にも、勝負強い打撃を見せた丸佳浩、一番打者としてシーズンを通して活躍した田中広輔、絶妙なリードで投手陣を導いた石原慶幸、チームの逆転を支えた中継ぎのヘーゲンスジャクソン、抑えの中﨑翔太・・。

数え上げればキリがないほど、全員が優勝に貢献したといえるでしょう。

これから、クライマックスシリーズ、そして日本シリーズが待っています。カープのリーグ優勝は1991年以来ですが、日本一は、1984年以来、32年ぶりとなります。

4度目の日本一へ、まだまだ気を緩めずに、突っ走って行って欲しいと思います。


9月20日発売
「広島東洋カープ 25年ぶりセ界一!」
(ムック)

本物そっくりの世界のスターが大集合! マダム・タッソー東京



↑「株式・投資」カテゴリーのブログ人気ランキング

広島カープ、マジック1に!



本日発売
「躍進する広島カープを支える選手たち」
(KAZIムック)

いよいよ広島カープが優勝するときがやってきました!

何とか地元広島での中日3連戦で決めたかったのですが、広島が3連勝しても、金本阪神が無残にも巨人に3連敗し、地元胴上げの夢は、事実上断たれてしまいました。

それにしても阪神は巨人にどれだけ負ければ気が済むのか・・・。

昨日は珍しく1点リードしたまま終盤に入ったのですが、好投の青柳をリリーフした藤川球児がやってくれました。巨人・坂本に逆転スリーランを打たれ、あえなく敗戦。マジックは、1のまま残ってしまいました。

藤川は、後々までカープファンに恨まれるでしょう。

運の悪いことに、今日はカープは移動日で試合がなく、巨人だけがヤクルトと試合があります。ここで巨人が負けてしまうと、カープは試合がないのに優勝が決まるという間の悪いことになってしまいます。

もちろん胴上げするにも試合がないのでできません。

それだけは避けたいところなので、今日は何としても巨人に勝ってもらわなければなりません。

今日の巨人の先発は、広島カープをFAで去った大竹寛。これも因縁でしょうか。今日に限っては、大竹が好投することが、カープへの恩返しです。何とか頑張ってもらいたいものです。

金本監督に大竹と、元カープ戦士の動向で優勝日が左右されるというのも、微妙な縁ですね。。。





たびらいツアー予約



↑「株式・投資」カテゴリーのブログ人気ランキング

米国自動車市場に異変あり

アメリカの自動車市場に減速感が出ているようです。

9月1日に発表された、米国の8月の新車販売台数151万2556台となり、前年同月比で4.1%減少しました。

多目的スポーツ車(SUV)などの「トラック」は2.5%増とプラスでしたが、セダン型などの「乗用車」が12.6%減と、大きく減ったようです。年間販売台数に換算しても1700万台と、前年同月の1779万台を下回りました。

日本の自動車メーカーの販売台数も、市場予想を大きく下回りました。

トヨタ自動車は、「プリウス」26.9%減「カムリ」12.6%減と、主力車種での販売台数が、前年を大きく下回りました。

もちろん、年間の販売台数が1700万台という数字自体は、過去と比較しても極めて多い水準であることは間違いなく、自動車産業が不況に陥っているというわけではありません。

しかし、販売数増加がピークアウトしたということになったとすれば、自動車株には逆風といえます。

トヨタ自動車(7203)の株価は、昨日の発表を受けても比較的底堅く、本日の終値は、前日終値比18円(0.29%)安6,266円と、小幅な下落にとどまっています。

もっとも、トヨタ自動車の株価は、去年に一時8000円を超えていたことを考えると、まだまだ回復途上であるといえます。

トヨタ自動車株チャート(週足)
【トヨタ自動車株チャート(週足)】(GMOクリック証券ウェブサイトから引用)

トヨタ自動車株の今後は、今月開催される米国FOMCと日銀の金融政策決定会合の行方に大きく関わってきます。日米の金融政策の違いが明確になれば、米ドル円相場が一気に円安に動き、トヨタ自動車の株価も上昇すると思いますが、そううまくいくかはわかりません。






本物そっくりの世界のスターが大集合! マダム・タッソー東京



↑「株式・投資」カテゴリーのブログ人気ランキング
アクセスカウンター
プロフィール

KANEMOCHI TOSAN

Author:KANEMOCHI TOSAN
金持ち父さんを目指して日々勉強&実践に励む過程を記録したブログです。2014年9月9日にスタートしました!
目標は、働かずして旅行三昧できる億万長者になること。
株式投資・為替・不動産・保険・法律・税金・読書・旅行など、興味ある様々な分野について考えていること、実践したことを書き綴ります。

金持ち父さんのTwitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク
これまでの全記事の一覧

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
お気に入り書籍
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
ご意見、感想、質問など、なんでも受け付けております!

名前:
メール:
件名:
本文: