FC2ブログ

米大統領選の行方

アメリカの大統領選挙が佳境を迎えています。

民主党のヒラリー・クリントン候補、共和党のドナルド・トランプ候補は、お互いに中傷合戦を繰り広げています。

それにしてもアメリカの選挙は、なりふり構わず、手段を選ばぬえげつない選挙ですね。

テレビCMで相手候補をボロクソに言うのは当たり前。過去のスキャンダルをほじくり返し、新しい醜聞を掘り出し、何でもありです。

最近では、トランプ候補がテレビ収録前に下品な話をしていた録音テープが流出し、トランプ陣営は謝罪に追い込まれました。このテープは10年以上前のものらしいですが、よくこんなものを掘り出したものです。

また、昨日になって、トランプ氏に性的暴行されたという女性が2人も登場しましたが、1人は30年以上前にたまたま飛行機でトランプ氏と隣り合わせになった女性だというのですから、証拠も何もあったものではありません。言いっ放し、作り話のし放題です。

ヒラリー陣営に対しては、内部告発サイト「ウィキリークス」が、ヒラリー陣営内で交わされたメール6000通以上を暴露するということがありました。

この件は、ロシア情報機関がハッキングをして入手したと言われており、トランプ候補の当選を望むロシアが背後で動いているという話まであります。

ここまで来ると、もう何が何だかわかりません。互いに貶め合い、非難し合って最終的に選ばれた大統領に対して、国民は支持できるのでしょうか?

マーケットの関係では、トランプ候補が当選するのは、大きなリスクとなります。何をするかわからないという点で、今後のアメリカの外交政策、経済政策が不透明になってしまいます。

ちょうど、フィリピンドゥテルテ氏が大統領に就任したことがいい例です。アメリカ大統領の悪口を言ったり、米軍に出て行けと言うなど、東アジアの安全保障を脅かすような言動をしたために、地域の不安定を招きかねません。

フィリピンであればまだしも、アメリカでそんな大統領が出れば、影響はもっと大きくなるでしょう。

英国がEU離脱を国民投票に諮ったときも、まさか賛成多数になるとは予測されていませんでした。今回のアメリカ大統領選挙も、「まさか」の実現に警戒しておいた方がいいと思います。





北欧生まれのスタイリッシュな掃除機【エルゴラピード】



↑「株式・投資」カテゴリーのブログ人気ランキング
アクセスカウンター
プロフィール

KANEMOCHI TOSAN

Author:KANEMOCHI TOSAN
金持ち父さんを目指して日々勉強&実践に励む過程を記録したブログです。2014年9月9日にスタートしました!
目標は、働かずして旅行三昧できる億万長者になること。
株式投資・為替・不動産・保険・法律・税金・読書・旅行など、興味ある様々な分野について考えていること、実践したことを書き綴ります。

金持ち父さんのTwitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
スポンサードリンク
月別アーカイブ
これまでの全記事の一覧

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
お気に入り書籍
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
ご意見、感想、質問など、なんでも受け付けております!

名前:
メール:
件名:
本文: