FC2ブログ

迷走する東芝の行方

東芝(6502)が迷走しています。

子会社化した米国の原子力事業会社・ウエスチングハウス(WH)で巨額の損失が発生し、7000億円とも言われる減損が発生したことがきっかけです。

東芝は、2月14日に2016年10~12月期の四半期決算発表を予定していましたが、その日に発表することができず、1か月延期することを発表しました。これは、WHの減損額を小さくするようトップが社内で圧力をかけたという内部告発があったことが判明したためです。

東芝の原子力事業は、2016年4~12月期に7125億円損失を計上する見込みであり、これとは別に、子会社であるWHの債務の保証をしており、2016年3月末時点での保証債務が7934億円あるということです。

第3四半期の決算発表がまだの段階ではありますが、東芝は、2017年3月期末1500億円の債務超過に陥ることが予想されています。

当初は、期末での債務超過転落を避けるため、虎の子の半導体メモリ事業を3月末までに売却して利益を計上し、何とか資産超過に持って行こうという考えがあったようですが、焦って期末までに売却するよりも、じっくり時間をかけて売却先を探した方がより高い価格がつけられると考え直し、その結果、3月末での債務超過は、事実上容認するようです。

その場合、期末での債務超過は東京証券取引所の上場規程にひっかかりますので、東芝は、8月1日時点で東証一部から二部への指定替えとなります。

そんな東芝株ですが、現在では、すっかりマネーゲームの対象となってしまい、連日、出来高が億単位となり、売買金額でも東証全体で上位に名を連ねています。

東芝株チャート(日足)
【東芝株チャート(日足)】(GMOクリック証券ウェブサイトから引用)

東芝株の本日2月27日(月)の終値は、前日比8.1円(3.62%)安215.8円となっていますが、この価格が高いのか安いのか、判断に困るところです。

東芝が子会社化して売却しようとしている半導体メモリ事業は、1.5兆~2兆円程度の価値があると言われています。

この子会社の株式の過半を売却すれば、1兆円規模の売却益が発生すると言われていますが、仮にそれで1兆円の利益が発生することを前提とすると、債務超過1500億円は、資産超過8500億円になります。

本日終値ベースでの東芝の時価総額は、約9150億円ですので、現在の株価で資産超過8500億円となった場合には、PBR(株価純資産倍率)は、約1.08倍となります。

PBR1倍は、株価が解散価値と同じになることを意味しますが、最近の株式市場では、そこそこいい会社でも、PBRが1倍を下回ることは珍しくありません。

例えば、トヨタ自動車のPBRは1.11倍三菱UFJフィナンシャル・グループ0.68倍三井物産0.84倍、同業でも日立1.03倍(いずれも実績ベース)となっており、これらと比べると、虎の子の半導体メモリ事業の過半を手放した東芝のPBRが1.08倍というのは、正直高すぎるように思えてなりません。

そう考えると、東芝の今の株価は、まだまだ下がる余地がありそうです。とはいえ、今はマネーゲームの真っ最中であり、投機的な空売りがかなり入っている状況ですので、一つ間違えれば踏み上げ相場になる可能性もあり、短期的には、どう動くかわかりません。





高級和牛が貰える!ふるさと納税



↑「株式・投資」カテゴリーのブログ人気ランキング
アクセスカウンター
プロフィール

KANEMOCHI TOSAN

Author:KANEMOCHI TOSAN
金持ち父さんを目指して日々勉強&実践に励む過程を記録したブログです。2014年9月9日にスタートしました!
目標は、働かずして旅行三昧できる億万長者になること。
株式投資・為替・不動産・保険・法律・税金・読書・旅行など、興味ある様々な分野について考えていること、実践したことを書き綴ります。

金持ち父さんのTwitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
スポンサードリンク
月別アーカイブ
これまでの全記事の一覧

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
お気に入り書籍
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
ご意見、感想、質問など、なんでも受け付けております!

名前:
メール:
件名:
本文: