暴走する北朝鮮

今日は珍しく国際関係について。

北朝鮮が今日、またミサイル発射を行いました。

北朝鮮は、マレーシアで金正恩の異母兄である金正男を暗殺するなど、最近過激な行動を加速させています。おそらく近々また核実験も行うでしょう。

日米を含む周辺各国は、これまで、北朝鮮に対しては、経済制裁を中心とした抑止力によって核開発等の暴走を止めようとしていましたが、それが全く効果を発揮していないことは、もはや明らかです(経済制裁自体の効果はあったと思いますが、核開発を止める効果はありませんでした)。

むしろ、これまでの対北朝鮮政策は、北朝鮮に核開発の時間を与えるだけだったともいえ、今や、北朝鮮は、核兵器を堂々を保有し、ミサイルの弾頭に核を搭載できるようになるのも時間の問題と見られています。

もし、核弾頭をミサイルに搭載できるようになると、その脅威は、これまでとは全く異なるレベルになります。

北朝鮮の開発したミサイルは、既に日本全土を射程範囲に捉えており、アメリカ本土に届くミサイルも開発されていますので、これに核弾頭が搭載可能となると、いつ核攻撃されるかわからなくなります。

さらに、潜水艦から発射可能な核ミサイルが開発されれば、事前に発射を探知することはほぼ不可能となりますので、先制攻撃をすることもできなくなり、日米を始めとする各国は、簡単に北朝鮮に攻撃をしかけられなくなります。

したがって、そのような事態になる前に、北朝鮮を先制攻撃によって滅ぼすか、金正恩を暗殺して政権を転覆させ、核武装を放棄する新政権を樹立するしかありません。

北朝鮮を先制攻撃して滅ぼすのは簡単だと思いますが、おそらく、西側諸国との緩衝地帯として北朝鮮の温存を望む中国が黙っていないと思います。これが最大のネックです。

アメリカが強引に北朝鮮に攻め入ると、下手をすると朝鮮戦争の二の舞になりかねませんので(当時はアメリカとソ連との争いでした)、慎重に事を進める必要があります。中国も、金正恩政権を倒した場合には新中国政権の樹立を狙ってくると思いますので、ポスト金正恩政権の争いも、今後の世界情勢を揺るがす大問題になるかもしれません。

本物そっくりの世界のスターが大集合! マダム・タッソー東京







↑「株式・投資」カテゴリーのブログ人気ランキング
アクセスカウンター
プロフィール

KANEMOCHI TOSAN

Author:KANEMOCHI TOSAN
金持ち父さんを目指して日々勉強&実践に励む過程を記録したブログです。2014年9月9日にスタートしました!
目標は、働かずして旅行三昧できる億万長者になること。
株式投資・為替・不動産・保険・法律・税金・読書・旅行など、興味ある様々な分野について考えていること、実践したことを書き綴ります。

金持ち父さんのTwitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク
これまでの全記事の一覧

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
お気に入り書籍
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
ご意見、感想、質問など、なんでも受け付けております!

名前:
メール:
件名:
本文: