緊迫する北朝鮮情勢

北朝鮮情勢が、いよいよ緊迫の度合いを強めてきました。

アメリカは、原子力空母「カール・ビンソン」を中心とする空母打撃群がオーストラリアに移動する予定を変更し、朝鮮半島周辺へ向かったと発表しました。

日本の横須賀基地に配備されているアメリカ海軍の原子力空母「ロナルド・レーガン」を含めると、2つの空母打撃群が北朝鮮有事への即応体制を取ることになります。

トランプ大統領は、ツイッターで、

「North Korea is looking for trouble. If China decides to help, that would be great. If not, we will solve the problem without them! U.S.A.」
(北朝鮮は面倒を起こそうとしている。中国が協力を決断すればそれでよし、そうでなければ、我々は独力で問題を解決する!アメリカ)

とつぶやき、米軍が単独で北朝鮮に攻撃を加えることも辞さない姿勢を見せています。

北朝鮮は近く、核実験をするのではないかと見られており、これを強行した場合、アメリカが北朝鮮にミサイル攻撃、又は空爆をするということも、十分に考えられます。

北朝鮮からすれば、アメリカから軍事攻撃を示唆されて牽制された以上、このまま大人しくなればメンツが潰れますし、アメリカはアメリカで、拳を振り上げた以上、北朝鮮が核実験を強行すれば何もしないわけにもいかないという事情があります。

こうしてお互いが引くに引けない状況に陥っていますので、きっかけがあれば軍事行動が発動する可能性が日々高まっているわけです。キューバ危機の時も、同じような状況でした。

ここでアメリカにとって最悪のシナリオは、中国がアメリカに先んじて北朝鮮に攻め込み、実効支配してしまうことではないでしょうか。

中国は、北朝鮮を後ろから支援している国ですが、一方で北朝鮮の核武装は認めないという立場を取っています。したがって、北朝鮮が核実験を強行すれば、北朝鮮の核武装化を阻止するという大義名分の下、自ら北朝鮮になだれ込み、これを占領してしまう可能性がないとはいえません。

そうなると、もうアメリカは北朝鮮には手を出せなくなります。さすがに中国軍が占領しているところを空爆すれば、米中戦争に発展しかねないため、それはできません。

中国が金正恩を失脚させ、親中国政権(傀儡政権)を樹立すれば、北朝鮮は実質的に中国の支配下に収まります。これは、アメリカにとっては悪夢のシナリオに違いありません。

こうした不測の事態を防ぐためには、アメリカは、北朝鮮がさらなる挑発行為をしてきた場合、ためらわずに行動を起こす必要があると思います。

北朝鮮では、4月15日故金日成主席生誕105周年のイベントが、4月25日には、朝鮮人民軍創建85周年のイベントがあります。

こうしたイベント前後に、核実験やミサイル発射などの動きが出る可能性があります。今月は、北朝鮮情勢から目を離せません。


たびらいツアー予約







↑「株式・投資」カテゴリーのブログ人気ランキング
アクセスカウンター
プロフィール

KANEMOCHI TOSAN

Author:KANEMOCHI TOSAN
金持ち父さんを目指して日々勉強&実践に励む過程を記録したブログです。2014年9月9日にスタートしました!
目標は、働かずして旅行三昧できる億万長者になること。
株式投資・為替・不動産・保険・法律・税金・読書・旅行など、興味ある様々な分野について考えていること、実践したことを書き綴ります。

金持ち父さんのTwitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
スポンサードリンク
月別アーカイブ
これまでの全記事の一覧

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
お気に入り書籍
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
ご意見、感想、質問など、なんでも受け付けております!

名前:
メール:
件名:
本文: