トランプ政権下の「失われた4年間」

トランプ大統領の暴走ぶりは、ある意味、北朝鮮の金正恩といい勝負という気がします。

今年就任したトランプ大統領の政権下のアメリカは、おそらくこの4年間で、大きなものを失うでしょう。

おそらく、後に「失われた4年間」と言われることになるでしょう。もちろん、その後の4年間も再任されることは想定していません。

まず、トランプ大統領の社会経済に対する感覚は、20世紀の時代のままといえます。製造業を米国内に取り戻す、ということを第一に、保護主義排外主義を掲げ、白人の中低所得者層を支持基盤としています。

「古き良きアメリカ」を懐古するような考え方です。しかし、21世紀のアメリカは、世界の才能に対して「開かれたアメリカ」でいることで、世界の頭脳を呼び寄せ、イノベーションを生み出してきたのです。シリコンバレーを中心としたIT産業がその代表格です。

ツイッターを通じて発信する内容も、お粗末としか言いようがありません。

国の重要な政策や国際関係に関する一国の大統領のコメントが、ツイッターで発信されるなどということ自体、チープすぎて、情けない限りなのですが、その内容も、扇情的、思いつき、攻撃的なものばかりです。

本当に、あきれて物が言えないというか、信じがたいことばかりです。

先日は、白人至上主義者による暴挙に対して、これを正面から批判しないということで、トランプ大統領の白人至上主義排外主義内向きな側面が、また表面化しました。

米国の分断を煽り、異集団間の憎しみを増幅させる大統領、それがトランプなのです。

海外の頭脳は、これから、アメリカを目指すことはなくなるかもしれません。日本としては、世界の頭脳を日本に呼び込み、経済成長に取り込むチャンスといえます。

4年後のアメリカがどうなっているのか、非常に悲観的に見ています。

レゴランド・ディスカバリー・センター東京

レゴブロックがいっぱいの屋内型アトラクション
お得な前売り券発売中!








↑「株式・投資」カテゴリーのブログ人気ランキング

北朝鮮と米国のチキンレース

北朝鮮情勢が緊迫しているように見えます。

北朝鮮は、米国のグアム島近辺にミサイルを撃ち込むと宣言し、米国は、グアムを攻撃したら戦争だと息巻いています。

戦争まで一触即発といった感じですが、実際に戦争になる可能性は、限りなく低いとみています。

北朝鮮は、戦争になれば滅亡することは確実ですし、米国にとっても、最終的には勝利するにしても、甚大な被害が同盟国である韓国や日本に及ぶ可能性が高く、戦争をする勇気はないでしょう。

結局は、チキンレースなのです。もちろん、脅し合いの中で何かの行き違いがあり、戦争に発展する例は過去の歴史にもありますが、基本的には、妥当なところに落ち着くというのがチキンレースの結末です。

北朝鮮がICBMを放棄する代わりに、アメリカは北朝鮮の核保有を事実上認める(公式に認めることはないでしょうが)、といったところが落ち着きどころでしょうか。

いずれにしても、核戦争だ、ミサイル攻撃だ、と騒ぐ必要はなく、冷静に事態を見守っていればいいのではないでしょうか。

株式市場もここに来て、リスクを織り込むような動きがありましたら、いずれ正常に戻ることになると思います。

トランプ大統領のツイッターでのコケ脅しは、金正恩の言い方に似てきましたね。似た者同士という感じです。

高級和牛が貰える!ふるさと納税







↑「株式・投資」カテゴリーのブログ人気ランキング
アクセスカウンター
プロフィール

KANEMOCHI TOSAN

Author:KANEMOCHI TOSAN
金持ち父さんを目指して日々勉強&実践に励む過程を記録したブログです。2014年9月9日にスタートしました!
目標は、働かずして旅行三昧できる億万長者になること。
株式投資・為替・不動産・保険・法律・税金・読書・旅行など、興味ある様々な分野について考えていること、実践したことを書き綴ります。

金持ち父さんのTwitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
スポンサードリンク
月別アーカイブ
これまでの全記事の一覧

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
お気に入り書籍
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
ご意見、感想、質問など、なんでも受け付けております!

名前:
メール:
件名:
本文: