FC2ブログ

スマホで03の電話番号を持つ

新しく個人で事業を始めようと思っています。

そのために、賃貸オフィスを探しているのですが、普通のビルの1室を借りるよりも、いわゆる「シェアオフィス」を借りることで初期費用を抑えることができ、合理的と考えるようになりました。

「シェアオフィス」とは、オフィスの中に入居者が使う個室やブースタイプの専有部分がたくさんあるほか、貸し会議室や、共用スペース、共用の複合機などを備えたオフィスです。

机、椅子などの家具付きのところもあり、インターネットも最初から通っているので、入居すればすぐに仕事を始められます。

しかし、電話については、自分でNTTと契約し、回線を引いてこなければならないところが大半です。

そこで私は、自分が留守の時でも電話を取れるようにしたいと考え、スマホを使ったIP電話を導入することを考えています。

IP電話とは、インターネット回線を通じた電話です。それをスマホに入れたアプリで使うことにより、携帯電話のようにいつでもどこでも通話することができるようになります。

ただ、難点は、IP電話だと番号が「050」で始まるのが一般的で、名刺に050から始まる電話番号を書くと、信用力に欠けてしまいます。

そこでいろいろ調べた結果、IP電話なのに東京なら「03」で始まる電話番号が持てるサービスを発見しました。




naisen(ナイセン)というサービスなのですが、このサービスでは、東京なら「03」で始まる電話番号が発行され、通話料金もNTTの固定電話と同じ3分8円で使えます(固定電話宛の場合)。

しかも、自分が海外に行っている場合でも、スマホがインターネットにつながる状態であれば、国内にいる時と全く同じように電話が使えるという便利さです。

これなら、固定電話をいつでも持ち運べると同時に、名刺にも「03」で始まる電話番号を書けるので、お客さんにも信用してもらえます。

契約は、ナイセンとの契約と電話会社との契約の2つに分かれており、通話料がリーズナブルなFusionを電話会社にした場合、回線1つだと、

ナイセンとの契約
 初期費用 10,000円
 月額基本料金 2,000円

Fusionとの契約
 初期費用 1,000円
 月額料金 980円プラス通話時間に応じた従量料金

となっています。要するに、初期費用として11,000円月額料金として2,980円プラス通話料(いずれも消費税別)で使えるということです。

ちなみに複数回線を契約した場合には、内線は無料となりますが、基本料金は上記より高くなります。

固定電話を引きつつ携帯への転送サービスを利用するよりも、こちらの方が合理的だと思います。

他のサービスとも比較検討したのですが、基本料金が900円と安いものの通話料金が30秒20円という高額なものもあり、それでは使えないと判断しました。

来年、新しい事業を始める時には、このサービスを使う予定です。

クラウドPBX「ナイセンクラウド」






↑「株式・投資」カテゴリーのブログ人気ランキング
アクセスカウンター
プロフィール

KANEMOCHI TOSAN

Author:KANEMOCHI TOSAN
金持ち父さんを目指して日々勉強&実践に励む過程を記録したブログです。2014年9月9日にスタートしました!
目標は、働かずして旅行三昧できる億万長者になること。
株式投資・為替・不動産・保険・法律・税金・読書・旅行など、興味ある様々な分野について考えていること、実践したことを書き綴ります。

金持ち父さんのTwitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
スポンサードリンク
月別アーカイブ
これまでの全記事の一覧

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
お気に入り書籍
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
ご意見、感想、質問など、なんでも受け付けております!

名前:
メール:
件名:
本文: