FC2ブログ

為替相場の展望

2017年の為替相場は、最も予測が難しい相場かもしれません。

著名なアナリスト達の間でも、円安派円高派に真っ二つに意見が分かれています。

円安派は、トランプ大統領による財政拡大政策によりアメリカの長期金利の上昇に弾みがつき、ゼロ金利の日本との金融政策の違いから、ドル高円安傾向が強まると予想します。また、本国への資金還流への減税策が導入されれば海外から米国に資金が還流し、ドル高を生むとも主張します。

これに対して円高派は、大統領選挙後に既にドルは期待先行で上昇し過ぎており、実質実効為替レートでも米ドルは歴史的な高水準にあるとして、ドルの反動安を説きます。欧州での反グローバリズムの広がりや中国の外貨流出等のリスクによる円高を警戒する意見も根強くあります。

これだけ意見が分かれていると、投資家としては判断が難しくなります。

2017年に入ってからの米ドル円相場を見ても、方向感の定まらない展開が続いています。

米ドル/円相場チャート(1時間足)
【米ドル/円相場チャート(1時間足)】(GMOクリック証券・Platinum Chart Plusより引用)

アメリカでは、11日にトランプ大統領候補による、選挙後初めての記者会見があります。

為替相場の観点からは、この会見で、米ドル高をけん制する発言が出るかどうかが注目されています。

トランプ候補はこれまで、米ドル高について一切言及していませんでしたので、アメリカ国内の製造業を保護する観点から米ドル高をけん制するような発言があれば、一気に円高が進むのではないかと言われています。

逆に、為替について言及がなければ、米ドル高を容認と捉えられ、再び米ドル高円安が進むのではないかとも予測されています。

明日の会見は、為替相場を大きく動かすきっかけになる重要なものと言えます。


たびらいツアー予約







↑「株式・投資」カテゴリーのブログ人気ランキング

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
プロフィール

KANEMOCHI TOSAN

Author:KANEMOCHI TOSAN
金持ち父さんを目指して日々勉強&実践に励む過程を記録したブログです。2014年9月9日にスタートしました!
目標は、働かずして旅行三昧できる億万長者になること。
株式投資・為替・不動産・保険・法律・税金・読書・旅行など、興味ある様々な分野について考えていること、実践したことを書き綴ります。

金持ち父さんのTwitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
スポンサードリンク
月別アーカイブ
これまでの全記事の一覧

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
お気に入り書籍
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
ご意見、感想、質問など、なんでも受け付けております!

名前:
メール:
件名:
本文: