FC2ブログ

マンション市場は頭打ちか

ここ数年のマンション価格の上昇ペースに、陰りが出てきているようです。

不動産経済研究所の統計によると、2016年のマンション発売戸数は、24年ぶりの低水準だったということです。

首都圏を中心に、マンションの価格は、ここ3~4年は上昇が続いていましたが、そろそろ頭打ちになりつつあります。

2015年相続税基礎控除額が縮小し、最高税率がアップしたことにより、節税対策のためのマンション需要が拡大しました。相続においては、不動産の評価額は時価(取引価格)を大きく下回ることが多いため、課税評価上の資産を少なくすることができるからです。

特に、タワーマンションの場合、上層階に行くほど価格が高くなるのが通常なのに、課税評価額はどの階も同じであることから、時価と課税評価額との差がより大きくなる高層タワーマンションの上層階の人気が高まりました。

しかし、最近になって、タワーマンションの階によって課税評価額にも差をつけるような制度の改正が議論されており、今後、課税上の不公平は解消される方向になりそうです。

また、不動産の購入が相続税対策になるといっても、購入時から時価が下がれば損をするわけですので、マンションの需要がどこまでも伸びるわけではありません。

アメリカでのトランプ大統領の誕生により、世界経済の先行きにも予測不可能な怖さがあります。

特に、米国で金利が上昇傾向にあることから、日本でも金利はこれから徐々に上がっていくことが予想されます。今の超低金利でローンを組んでマンションを購入した所有者にとって、金利の上昇は、経済的な負担の増加になります。金利上昇に伴って不動産を手放す動きが出始めると、マンション価格は崩れ始めるのではないかと予想しています。

私は不動産投資としてマンションを購入することをずっと考えてきていますが、今のタイミングで買うことはありません。将来、不動産価格が崩れる時期が必ず訪れると思っていますので、そのタイミングを待ちたいと思います。

レゴランド・ディスカバリー・センター東京

レゴブロックがいっぱいの屋内型アトラクション
お得な前売り券発売中!








↑「株式・投資」カテゴリーのブログ人気ランキング

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
プロフィール

KANEMOCHI TOSAN

Author:KANEMOCHI TOSAN
金持ち父さんを目指して日々勉強&実践に励む過程を記録したブログです。2014年9月9日にスタートしました!
目標は、働かずして旅行三昧できる億万長者になること。
株式投資・為替・不動産・保険・法律・税金・読書・旅行など、興味ある様々な分野について考えていること、実践したことを書き綴ります。

金持ち父さんのTwitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
スポンサードリンク
月別アーカイブ
これまでの全記事の一覧

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
お気に入り書籍
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
ご意見、感想、質問など、なんでも受け付けております!

名前:
メール:
件名:
本文: