意識される地政学リスク

今日(4月7日)、トランプ政権のアメリカが、シリアのアサド政権に対してミサイル攻撃したというニュースがありました。

アサド政権が反政府勢力に対して化学兵器を使用したことを受け、アメリカもこれまでの方針を転換し、強硬策に出ることとしたようです。

東京株式市場は、昨日の大幅下落に対する反発で、朝方から反発していましたが、ミサイル攻撃のニュースを受けて一時前日比で下落する場面もありました。

米ドル円相場も、111円近辺からニュースを受けて一時110円近くまで下落しました。

地政学リスクは、いつも円高を呼び、日本株には悪影響を及ぼします。

シリア情勢の悪化により、今後、アメリカがシリアへの介入を強めることが予想されます。

シリアには、アサド政権反政権の両陣営のほかにISISが存在しており、アメリカはこれまで、反政府側を支援していたものの、ISIS討伐を優先するために、ISISとも対立するアサド政権への対応は後手に回っていました。アサド政権を支持するロシアとの関係も絡んで難しい立場だったのですが、今回の攻撃で、反アサド政権の立場をより明確にし、アサド政権を支持するロシアとの対立の構図がはっきりとしてきました。

つまり、今回の攻撃は、単にアメリカとシリア政権との関係が悪化するだけでなく、米ロ関係にも直接影響を及ぼします。トランプ政権は、ロシアには融和的な姿勢を見せていましたが、これからは、ロシアとも対立関係に立つことになります。

ロシアは、トランプ大統領の弱みを握っているとも言われており、今後、トランプ政権に打撃を与える「弱み」を攻撃してくるかもしれません。

地政学リスクといえば、北朝鮮の動きも非常に重要です。

北朝鮮の核開発はかなりの段階まで進んでおり、アメリカ本土を射程に入れるミサイルに核弾頭を搭載できるようになると、取り返しのつかないことになります。

トランプ大統領も、単独でも何らかの対応をする可能性があることを示唆しており、北朝鮮の軍事施設への単独攻撃も現実味を帯びてきています。

もしアメリカが北朝鮮を軍事攻撃すれば、シリアへの攻撃とは比較にならないほどに世界に衝撃を与えることになりそうです。

北朝鮮は近く核実験をするのではないかと言われており、もし核実験を強行するようであれば、アメリカによる軍事攻撃も切迫しているかもしれません。

こうした状況を考えると、為替相場や株式市場の大きな波乱に備えておいた方がいいと思います。

本物そっくりの世界のスターが大集合! マダム・タッソー東京


「ディズニーの英語システム」無料サンプルプレゼント!



↑「株式・投資」カテゴリーのブログ人気ランキング

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
プロフィール

KANEMOCHI TOSAN

Author:KANEMOCHI TOSAN
金持ち父さんを目指して日々勉強&実践に励む過程を記録したブログです。2014年9月9日にスタートしました!
目標は、働かずして旅行三昧できる億万長者になること。
株式投資・為替・不動産・保険・法律・税金・読書・旅行など、興味ある様々な分野について考えていること、実践したことを書き綴ります。

金持ち父さんのTwitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
スポンサードリンク
月別アーカイブ
これまでの全記事の一覧

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
お気に入り書籍
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
ご意見、感想、質問など、なんでも受け付けております!

名前:
メール:
件名:
本文: